成約率が高くなるブログ記事の書き方!ペルソナ像と検索意図を深く考えよう

みなとです。今回はライティングについてです。

コンテンツSEO対策やブログ運営などでは必須なライティングのスキル。しかしライティングと一概に言えど、「①Googleに好まれるキーワードの選び方(SEO対策の側面)」「②ユーザーに読みやすい構成や言葉遣い(日本語の側面)」「③ユーザーにアクションを起こさせる文章の書き方(マーケティングの側面)」など、意識すべき事はたくさんありますよね。

今回題材にしたいのは、最後の「③ユーザーに行動を起こさせる文章の書き方」について。なぜなら3つの中で、これが一番重要だと思うからです。SEO対策でキーワードを網羅するとか、日本語を分かりやすく書くこととか、もちろん全部出来るに越したことは無いです。

しかしSEO対策で「キーワードを入れましょう」とかっていうのは、所詮は小手先の手段。まして日本語の表現なんて自分で勉強すれば良いだけのこと。ライティングで大切なのは、「いかにユーザーを理解して寄り添い、ユーザーが求めている情報を提供し、ユーザーが納得し行動を起こしてもらえるか」という点。アフィリエイトなどの広告収入で食っている方にとっては、ユーザーに購入やお問い合わせなどのアクションが売り上げに直結しますので、絶対に必要な力ですよね。

つまり、ライティングは「ユーザー有りき」なのです。「キーワード有りき」ではありません。この記事の結論をもう言います笑。

前置きが長くなりましたが、どうやって「ユーザー有りき」の文章を書くのか?という事について、本記事ではご紹介したいと思います。「これからWebサイトを収益化するぞ!」という走り出しの方に特にオススメの内容になっています。

なぜ「ユーザー有りき」なのか?

導入部分でも簡単に書きましたが、なぜ「ユーザー有りき」なのかについて、もう少し詳しくご説明します。ここが理解できていないと、多分僕がお伝えしたいことが上手く伝わりにくいかもしれない、と思うからです。

Googleの使命を考える

Googleの使命は、「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする事」です。これはGoogleが発表した言葉そのまま載せています。

もう少し分かりやすく言い換えると、「ユーザーがGoogleという検索エンジンを通して、欲しい情報を素早く、的確に検索できる環境を提供する事」でもあります。

それを実現するためには、ユーザーが検索するキーワードからユーザーのニーズを察知し、そのニーズを満たせる適切な情報が載っているWebサイトを表示させなくてはいけません。そのための仕組みが「Googleの検索アルゴリズム」であり、「被リンクの数」「共起語の有無」「コンテンツの専門性や網羅性」など、200程度のシグナルがあると言われています。

ユーザーの利便性、つまり「ユーザー有りき」を追求した結果、「Googleの検索アルゴリズム」が誕生し、パンダアップデートやペンギンアップデートなどを経て、今に至るわけです。

ユーザーの利便性を考えると、結局はSEO対策になる

「SEO対策=検索エンジンで上位表示させる対策」と考えていないでしょうか?これはある意味間違いです。

Googleの使命からすると、Googleはユーザーに役に立つWebサイトを上位表示させたいと考えています。したがって、僕らは上位表示が目的として先行してはいけません。ユーザーに役に立つサイトを作れば良いだけの話なのです。「Googleの検索アルゴリズム」はユーザーに役に立つWebサイトが上位表示するための仕組みであることは、既に述べました。

まとめますと、「ユーザー有りきの役に立つWebサイトを作れば、自然とGoogleの検索アルゴリズムに合致し、上位表示する(SEO対策になる)」と言う事です。

今はだいぶ無くなりましたが、一昔前は悪質なSEO対策方法もありました。リンクを大量に付けて上位表示させたり、根拠のない薄っぺらい記事を大量にポストすることで上位表示させたりなどという方法です。

その後Googleはどんどん賢くなり、そういった中身のないWebサイトは上位表示されなくなりました。今やSEO対策の一番の近道は、ユーザーに役に立つコンテンツを愚直に作ることです。

それでは具体的に、「ユーザー有りき」の記事を書くにはどうすればいいのでしょうか?それを書くポイントとしては以下の2点が大切であると考えます。

「ユーザー有りき」の記事を書くためのポイント2つ

以下からは所々で「成約率」という言葉が出てきますが、ここでは「アフィリエイトリンクから実際に商品の購入、またはサービスのお問い合わせに至る率」としましょう。

①ペルソナ像を意識する

要は、「読者像をハッキリさせましょう」という事です。

どんな人が、どんなタイミングで、どんな悩みを持っている状態で、その記事を読むのか。そしてその記事を読んでどうなって欲しいのか、ということを意識して記事を書くと、ユーザーにとって分かりやすい記事になります。

もちろん細かくターゲットを絞る事で、万人受けはしなくなります。しかし、万人受けする記事は内容が薄くなりがちです。万人受けしなくとも、100人中1人でもドンピシャに刺されば、その後の成約率は高くなります。

例えばこの記事。

みなとです! ついに買ってしまいました!「Google Home」。家庭用スマートスピーカーとか、IoTにはあんまり興味がなかったので...

Google Homeについてのレビュー記事になります。ただ単にGoogle Homeのレビュー記事を書いてしまったら、どこにでもあるような、当たり障りのない薄い内容になってしまう可能性は大でした。

そこで僕はペルソナ像を「一人暮らしでかつGoogle Homeを購入検討しているが、そもそも必要なのかどうか疑問に思っている方」と具体的に設定しています。そういうお悩みを持つ方は「Google Home 一人暮らし 必要」などで検索するでしょうから、それらのキーワードはタイトルインさせています。

②検索意図を意識する

キーワード有りきでは無くユーザー有りきであるとは言え、やはり上位表示させたいキーワードの想定は必要になってきます。そんな時考えたいのは検索意図になります。

例えばあなたが、「iPhoneが突然画面が真っ暗になってしまった時の対処法」についての記事を書いたとします。この時上位表示を狙うキーワードとしては何でしょうか?候補は色々ありそうです。

例えば、以下の検索キーワードはどれも似たような意味ですよね。

「iPhone 壊れた」
「iPhone 修理」
「iPhone 電源 付かない」

しかし、実際にこれらのキーワードで検索してみると、出てくるWebサイトは全く違うんです。

Googleは独自の検索アルゴリズムに基づき、検索キーワードからユーザーのニーズを汲み取り、Webサイトを表示させていることは前にお伝えしました。つまり、Googleは上記の3キーワードの検索意図が異なると判断しているから、異なる検索結果を表示しているのです。

検索結果で出てきたWebサイトからするに、それぞれの検索意図としては以下でしょう。

「iPhone 壊れた」

iPhoneを落とすなどして画面が真っ暗orフリーズしてしまったが、まずは自分で直せる方法、またはバックアップ方法があるのか知りたい

「iPhone 修理」

iPhoneが故障のように思われるので、この近くで素早く安く直せるお店を探している

「iPhone 電源 付かない」

iPhoneの画面が真っ暗になってしまった原因と、その対処方法について知りたい

このように、ユーザーがそのキーワードで検索する際、どういう意図なのかという検索意図を深く考察し、それに見合ったキーワードを選定すると良いと思います。

まとめ

いかがでしたか?やや冗長的になってしまった部分はありますが、これからのSEO対策はユーザー有りきのコンテンツ制作だということを誤認識頂ければと思います!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る