SEO対策をする前に知っておきたい!GoogleはどんなWebサイトを上位表示させるのか?

こんにちは、みなとです。

さてさて、今回はSEOに関する初めての記事。この記事を読んでいるということは、「SEO対策を始めたい or やり始めてはいるけど、何からやれば良いか分からない」のような悩みをお持ちであるかと思います。

本記事では、例えば「共起語や検索キーワードをタイトルや本文に入れる」「文字数は最低◯文字」「検索キーワードの意図を考える」などの小手先のテクニックについては言及しません。

もちろんそれらは最低限できていなければいけないことですが、それ以上にSEO対策の根本の考え方を理解せずしてそれらを進めていくのは危険だと思うからです。必ずどこかで頭打ちというか、壁に当たると考えています。

SEO対策をするということはすなわち、「どんなWebサイトが上位表示するのか?」について考え、実行することだと思っている方が多い気がします。間違ってはいないと思いますが、そもそもの考え方を変えましょう!

「どんなWebサイトが上位表示するか?」ではなく、「GoogleはどんなWebサイトを上位表示させたがるのか?」という、Googleの立場を考え、Googleのポリシーやミッションを考察すれば、自ずとやり方の正解は見つかっていくと考えている。

そこで今回はGoogleの立場に立って、SEO対策をする前に知っておきたい、「GoogleはどんなWebサイトを上位表示させるのか」について書いていこうと思います。

SEO対策とは

すでにご存知かと思うが、念のため書いておきます。

SEO(Search Engine Optimization)対策とは、Googleの検索結果でサイトを上位表示させるための対策のことを言います。

どんなに良いWebサイトを作ったからと言って、訪問者が来なければ意味がありません。訪問者を増やすためには、自分のWebサイトが人目に触れるよう、検索結果画面で上位表示する必要があります。

SEO対策は、そのための対策になります。

GoogleはどんなWebサイトを上位表示させるのか?

結論ファーストが好きなので、もうここに結論を書いておきます。検索結果で上位表示するサイトとは、「運営者の世界観が伝わり、ユーザーにとって役に立つサイト」です。

下記からは、もう少しかみくだいてご説明したいと思います。

①運営者の世界観が伝わるサイト

言い換えれば、「他のサイトに載っていても違和感がない内容・記事になっているとダメ」だと言ったほうが分かりやすいかと思います。

サイト閲覧者は、無意識にWebサイト運営者の属性を見出しています。つまり、「この人はどんな人で、どんな想いでこのサイトを運営しているのか」を、記事を読みながら無意識に考えているのです。

したがって、書いてある内容がどこにでもあるような内容であれば、機械が自動で文章を作り出しているかのように、その記事の裏のサイト運営者の存在を感じられません。そうなると印象には残らないし、ファンも増えないでしょう。

記事にはその人の個性や、他のサイトには書いていないような内容があるべきなのです。

その人の独特の世界観や個性が出ていて、熱意が伝わるサイトは、自ずとユーザーのサイト内の回遊性の質も高まります。Googleはサイト内の行動の質(いわば滞在時間であったり、ページビュー数など)を上位表示するための評価指標の一つとしています。

したがって、書き手の個性や世界観が出ているWebサイトは、上位表示に間接的に効果が期待出来るのです。

世界観というと、ディズニーランドなどのテーマパークの例が分かりやすいですね。

入場ゲートを潜った瞬間から魔法にかかったような、幸せだらけの世界に引き込まれます。アトラクションはもちろん、レストランからトイレに至るまで細かな配慮があり、感動が辺りに散りばめられています。

ゲストはそんな素晴らしい体験を通してディズニーワールドに引き込まれます。そして普通に考えれば高額なグッズ・お土産を自然と手に取り、購入する。「また来たいね」と言いながら満足して帰っていく。

これはWebサイトにも当てはまります。

特にアフィリエイトサイトやECサイトなどの、モノを売るWebサイトの場合、独特の世界観が作り出せているものは、コンバージョン率も上がりやすいと言われています。

これらのサイトのゴールは、ディズニーランドのように「独特の世界観に引き込まれたユーザーが、なるほど!と納得する状態になり、自然とコンバージョンへと導かれる」サイト設計にすることです。その上で、サイト運営者の世界に引き込むことが、ユーザーをアクションへと導く土台となります。

では具体的にどうすればいいか?ということについてですが、それは「あなたならではの視点」を記事内で表現することがポイントです。

「他人から聞いた2次情報ではなく、あなたが体験した話」「あなたが実際に使ってみた感想、食べてみた感想」を、「他のサイトよりも熱く詳しく、そして自分の言葉で語った内容の記事」を書く。それに尽きると思います。

②ユーザーにとって役に立つサイト

まず、Googleのポリシーを考えてみてほしいと思います。

Googleはより多くの人にGoogleを使って欲しいと思っており、そのためにはユーザーに便利なサービスを提供する必要がありますよね。

したがって、ユーザーが何らかの悩みを持って検索行為をする際、Googleは彼らの悩みが解決するような役に立つサイトを上位表示させる必要があります

しかし、無数に存在するWebサイトを人の目でチェックするのは現実的ではないため、Googleは200以上のアルゴリズムを用いてWebサイトを自動的に評価し、上位表示させるWebサイトを決定しています。「キーワードがタイトルに入っているか」「文字数は◯文字以上」「Webサイト内の滞在時間」は、それらのアルゴリズムの一つに過ぎません。

ちなみに10年前のGoogleはそこまで賢くはなく、極端な話、「ダイエット」で上位表示したければ、記事本文に「ダイエットダイエットダイエット・・・」と書いておけば上位表示した時代があったのです。

今やGoogleは相当賢くなっており、かつ複雑化している。そのためSEOだけで食っている人もいるもざらにいるようです。

Google側の上位表示の仕組みはもちろんブラックボックスですが、それらのアルゴリズム共通して言えるのは、「ユーザーの役に立つサイトかどうか?」に帰属します。

ユーザーの立場を考えて、彼らの悩みやニーズにしっかりと答えるWebサイトをつくる。目標はシンプルですが、意外とそれが出来ていないWebサイトが多いように感じます。

それらは「この商品はココがすごいんです」「こんな所行ってきました」で終わってしまっている、いわば自己満的な内容になっているパターンが多いと思います。「それがユーザーにどんなメリットがあるのか」についてまでしっかり触れると良いでしょう。

よく仕事をしていて聞かれる、「更新頻度はどのくらいがSEO的に良いのか」「文字数は◯文字以上」などについては明確な答えはありません。

したがって、「あなたが更新しているブログがどれくらいの更新頻度なら、ユーザーにとって嬉しいか」「あなたが書いている記事が何文字ならユーザーに伝わり、分かりやすいのか」というように、ユーザーのことを徹底的に考えれば、自ずとSEO対策の正解は見えてくるのではないでしょうか。

最後に

その人が本当に好きな分野を熱く語った記事が面白いし、役に立ちます。それが結果として上位表示する。さらに言えば、それを自然と意識することなく書ける人が強いのですが(実際そういう天性の才能を持つ人はいるらしい)、そうはなかなかいきませんよね。

よってSEO対策については能動的に学ぶ必要があるのですが、中途半端に小手先のテクニックだけを知り、SEO対策自体が目的になってしまっている状態は最も危険です。SEO対策はあくまで手段でしかないので。

こんな風にSEOについて偉そうに書いてきましたが、この記事を含めキーワードや文字数などほとんど意識はしていません。本気で役に立つ記事を書こうと思えば、共起語やキーワードは勝手に入ってきますし、適切な文量にもなります。もちろん僕も勉強中です…

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る