【SEO対策】ブログ記事のネタが無くなったとき、参考にしたいもの5選!

こんにちは!いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回はSEO対策についてです。僕はWebマーケティングのコンサルティングをしているのですが、お客様からよく「SEO対策のためにブログ記事を更新しているのですが、最近ネタに困っています。どうすればいいですか?」という質問をいただきます。

企業のSEO対策というと、ECサイトやコーポレートサイトにブログを作って記事を更新していくパターンが多いです。キーワードはある程度決まっているため、そのキーワード周辺だけで記事を書こうとすると、どんどん話のネタは尽きて来るのは当然です。

そこで今回は、「ネタが無い」という質問に対して僕がアドバイスしている内容を記事にしていきたいと思います(個人のブログというよりかは、企業やアフィリエイター向けです)。

記事のネタが無い時に参考にするもの5選

①〜⑤と番号をつけていますが、特にどれからやるかという順番はありません。

①リスティング広告

もちろんリスティング広告をやっている企業オンリーの話。リスティング広告とは、検索結果画面の上部に表示されるキーワードのことです。

リスティング広告で成約したキーワードは、成果につながる最重要なキーワードということになります。これについての記事は是非作成したいものです。

やや話は逸れますが、SEO対策の前にリスティング広告を始めることをオススメします。リスティング広告はどのようなキーワードが成果に繋がるかという市場調査をするのにも最適なものです。したがって、成果に繋がるキーワードや、費用対効果の高いキーワードが見つかったら、それでSEO対策をすると効率がいいからです。

②サーチコンソール

自然検索でどんなキーワードで流入してきているか、などが分かる有名なツールです。これを確認し、ある程度検索ボリュームがあってクリック率が高いキーワードは狙い目です。しかし、キーワードだけではニーズ(検索意図)が汲み取りにくいものも多々あります。

そういうときには、そのキーワードで実際に検索し、どのようなサイトが上位表示しているかチェックしてみてください。Googleが上位表示している内容が、そのキーワードの検索意図と考えると良いでしょう。なぜならGoogleがそう判断しているからです。

③検索エンジンのサジェストキーワード

「サジェスト」という言葉をご存知でしょうか?サジェストとは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで検索ボックスに入力した際、その下に自動的に開く検索補助群のことです。

どういったキーワードがサジェストになるか、というのはあくまで検索エンジン側で制御しており、詳細はブラックボックスです。しかし、サジェストは「ユーザーに良く参照されているキーワード(検索ボリュームが多いもの)」であることは間違いないですので、それだけニーズがあるキーワードということになります。つまり、これらのキーワードについて記事を書くと良い、とアドバイスしています。

④Q&Aサイト

Yahoo!知恵袋や教えてgooなどのQ&Aサイトにおいて、上位表示を狙っているキーワードで検索してみてください。すると、実際にユーザーが抱える悩みや疑問点など、生の声を知ることができます。Webで検索しても問題が解決されないからQ&Aサイトで質問をするのであって、これに答える記事は需要が高いはずです。

ただし、質問数が大量の場合は一つ一つチェックして記事を書くのはナンセンスです。マインドマップなどである程度質問内容を分類していくと、視覚的にも分かりやすいのではないでしょうか。

⑤他サイトのコンテンツ

上位表示を狙っているキーワードを、実際に検索エンジンで検索してみてください。出てきた上位20サイトの内容は必ずチェックしたいところです。

上位にランクインしているサイトはGoogleから評価を受けたものです。したがって、上位表示しているサイトのコンテンツは自分のサイトにも最低限入れる必要があります。無ければ上位表示を争う土俵にも上がることはできません。

もちろん内容を参考にするだけではなく、+αの内容(例:独自の切り口や視点、ユニークな情報)を盛り込み、差別化を図ることが重要です。ネット上の色々なサイトの情報をかき集めただけのキュレーションサイトでは評価を受けません。

最後に

これらを参考にし、それでも書く記事が無くなってきたときは、リライトのフェーズに入ります。

例えば、とあるキーワードで順位が12位の記事があったとしましょう。これは非常に勿体無いです。何故ならはあと2位、順位を上げるだけで、検索結果の1ページ目に食い込むことができるからです。これでクリック率は断然上がります。そのような惜しい記事はリライトしてコンテンツを増やし、より質の良い記事へ改善していきたいです。もちろん記事数が100以上など、ある程度量の担保がされている場合に限ります。

ちなみに③〜⑤までの情報を自動で取得するツールは世の中にあり、僕も実際に使ったことがあります。かなり便利で早いのですが、自分の目で直接チェックした方が、やっぱり頭に残ります。ツールは高いですしね…。

ご参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る