【SEO対策】ロングテールキーワードで上位表示するには、ブログの具体性を上げること

みなとです。

ブログのアクセス数を得るには、検索エンジンで上位表示させる、いわゆるSEO対策が必要になります。しかし、例えば「ダイエット」とか「カメラ」とか、1単語だけで検索ボリュームが多いようなキーワード(ビッグキーワードと言います)での上位表示は、非常に困難です。ビッグキーワードは競合性が高く、資金や人材を持っている企業には、個人のブログやアフィリサイトが敵う相手ではありません。

ではどうするか?ですが、皆さんご存知の通り「ロングテールキーワードでの上位表示を目指すこと」が一つの答えになります。本記事では、じゃあ具体的にロングテールキーワードで上位表示させるにはどうすれば良いか?について解説していこうと思います!

本記事に検索から流入した方は既にご存知だとは思いますので、下記の「ロングテールキーワードとは?」は飛ばして頂いても結構です。

ロングテールキーワードとは?

ロングテールキーワードとは、複数の単語の組み合わせにより検索されるキーワードのことです。検索意図が具体的なので、それにドンピシャで答える記事タイトルと内容を用意してやれば、上位表示されやすくなったり、それによってクリック率が上がったり、成果に結びつきやすかったりという特徴があります。なぜ「ロングテール」という名前なのかについては、話が逸れて面倒くさいので触れません。

例を挙げます。

「名古屋 焼肉 カップル」という検索キーワードから、その人がどんな情報を探しているかを想像してみて下さい。簡単ですよね?

この人の検索意図は検索キーワードそのまんまで、「名古屋でカップルにもオススメな焼肉屋さんはどこか?」ということでしょう。

したがって、こんな方には「カップルにオススメ!名古屋でお洒落な焼肉屋さん5選」というタイトルを付けた記事を書いてやれば、「おっ、読んでみたいな」と思ってもらえそうですよね。そして同時に「名古屋」「焼肉」「カップル」というキーワードをタイトルに含んでいるので、「名古屋 焼肉 カップル」というキーワードで上位表示されやすくもなります。

しかし、検索キーワードが「焼肉」だったらどうでしょうか?イマイチその人が何を知りたがっているのか分かりません。「焼肉の作り方」なのか、「焼肉の英語訳」なのか、「焼肉屋を探している」のか、それは読み取れませんね。したがって、何の記事を用意して良いのかも分かりません。

「焼肉」というキーワードは月に10〜100万回検索されており、ある程度需要はありそうなことが伺えますが、このキーワードでSEO対策をしようと思っても難しいことが分かります。さらに言えば、そういうビッグキーワードの上位は強いドメインのサイトに占領されてしまっているのが現状。個人では太刀打ちできません。

このように、ビッグキーワードは検索ボリュームが多いですがSEO対策が難しいです。一方でロングテールキーワードでは、検索ボリュームこそ少ないもののSEO対策が簡単(簡単と言うと語弊がありますが)ということが分かって頂けたでしょうか。

以上、どこにでも書いてあるようなことでした。以下からが、僕独自の考えややり方になります。

ロングテールキーワードの見つけ方

それでは、ロングテールキーワードはどうやって見つけるのでしょうか?色々と方法はあると思いますが、簡単な方法を2つ紹介します。

①サジェスト

サジェストとは、検索エンジンの検索ボックスにおいて文字を入力した際、その下に自動的に開く検索補助群のことを言います。

サジェストにはGoogle、Yahoo!のアルゴリズムによってキーワードが選ばれます。その仕組みはブラックボックスですが、「ユーザーがよく検索するキーワード」だと考えて良いかと思います。

すなわち、サジェストに現れるキーワードは、ある程度需要のあるキーワードであると言えます。サジェストを参照してロングテールキーワードを見つけていくのは一つの有効な方法と言えますね。

②Q&Aサイト

その他には、例えばYahoo!知恵袋のようなQ&Aサイトも使えます。「ダイエット」を例にしますが、実際にYahoo!知恵袋で「ダイエット」と検索してみると、ユーザーの色々な質問や悩みを見ることができます。

すると、「ダイエット ウォーキング」「ダイエット 停滞期」「ダイエット 筋トレ」「ダイエット モチベーション」など、色々とキーワードの組み合わせが見つかりそうです。

しかしながら、サジェストやQ&Aサイトを活用し、キーワードを発掘することができたとしても、それがイコール自分の書きたいこと(書けること)かと言うと、そうではないです。さて、どうしましょうか?

それが次の章に繋がります。

ブログ内容の具体性を上げてみよう

自分の書きたい(書ける)内容で、ロングテールキーワードを狙う方法は、ブログの具体性を上げることと考えています。ここからは僕自身の例で説明していきます。

例えば、このiPhone8のレビュー記事です。

みなとです! つい最近、iPhone5sからiPhone8に機種変更しました。 いやー、カッコ良いですね。特に気に入って...

「iPhone8」という超ビッグキーワードで戦っても、個人のできたばかりブログが上位表示するとは到底思えません。1位には当然アップルの公式Webサイトが。絶対無理です。

さらに「iPhone8 レビュー」なども考えましたが、実際に検索してみると既にいくつものサイトがズラリ。コンテンツがしっかりしているものが多く、さらにWebサイトの運用歴が長いのでドメインの評価も高そうでした。

しかもこういったサイトはiPhoneなどのアップル製品に特化したサイトなので、iPhoneに関連したその他のコンテンツも充実しています。したがって、「iPhone」というキーワードで、Googleにおけるこれらのサイトの評価は高いと言えます。iPhoneについて初めて記事を書くこのブログとはそもそもの前提条件が違うのです。

上記のことから、「iPhone レビュー」でも上位表示は難しそうですから、さらにキーワードを追加してロングテールキーワードを狙いたいところ。

そこで考えたのが、さらに1段階、記事の具体性を上げることです。僕は今回「iPhone8を買った」訳ですが、もう少し詳しく言えば「iPhone5sからiPhone8に買い換えた」という点がポイント。したがって、想定するキーワードとしては「iPhone5s iPhone8 レビュー」という、「iPhone5sからiPhone8に機種変更しようと思っている人」をターゲットに設定。そんな感じで記事を書きました。

すると、この記事がすぐに「iPhone5sからiPhone8」「iPhone5s iPhone8」などで上位表示され、アクセス数を獲得できました。もちろん検索ボリュームは少ないですが、下手にビッグキーワードを狙ってアクセスゼロよりは全然良い働きです。

その他、同じような戦略で書いた記事がこちら。

どうもこんにちは、みなとです! 僕は飽き性なので、色々と手を出してはすぐやめる、みたいなことを繰り返してます。ただ、結構長く趣味として...

道の駅「星のふる里ふじはし」に行ったことについての記事ですが、さらに具体性を上げ「星のふる里ふじはし 星空観測」「星のふる里ふじはし 写真撮影」などで上位表示を狙いにいった記事です。見事「星のふる里ふじはし 星空」では検索1位を獲得し、安定してアクセスを取ってくれる記事になっています。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事で伝えたいことは、

・アクセス数を取るにはロングテールキーワードで上位表示を狙おう
・ロングテールキーワードを見つける方法はサジェストやQ&Aサイトがオススメ。しかし自分の書きたいことで書けないのがネック
・記事内容の具体性を上げれば、書きたいことでロングテールキーワードが見つかる

になります。ご参考にどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る