【アフィリエイトの現実】リスク、難しさを、アフィリエイトを始める前に必ず知っておく方がいいと思った話

こんにちは、みなとです。

現在は働き方が多様化しています。「一つの収入源じゃ不安…」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?本屋の副業コーナーや、インターネットで「副業」について調査したことのある方ならば、「アフィリエイト」という言葉は必ず目にするかと思います。

アフィリエイトとは、自分でブログなどのWebサイトを作り、そこで商品を紹介し、ユーザーがその商品を買ったら何%かがサイト運営者に支払われる仕組みのことです。

どんな本にも「気軽に始められる!インターネット初心者でも簡単!リスクなし!」という様なことは書いてあると思います。

この記事の結論から書きます。アフィリエイトは超絶厳しい世界です

僕はWebマーケティングの会社で働いており、アフィリエイトについて知れば知るほど「個人がアフィリエイトで稼ぐのは無理ゲーだ」と感じます。そして極め付けは自分自身の経験。僕も今のマーケティング知識をフル活用して何回もアフィリエイトをトライしましたが、全て挫折しました

だから書店に置いてある、「アフィリエイトで簡単に稼げる!」みたいなタイトルの本にはツッコミを入れたくなります。「そんな生温いものじゃないじゃんか!」と。

前置きが長くなりましたが、今回の記事テーマは「アフィリエイトの難しさやリスク」について書いていこうと思います。もちろんアフィエイトの良さだってあります。しかしデメリットについては、しっかりと言及された本やサイトも少ない印象です。本記事ではそこを深堀して徹底解説します!「これからアフィリエイトを始めたい!」と言う方に特にオススメの内容になっています。

リスクゼロが最大のリスク

アフィリエイトはリスクが無いことが最大の特徴と言われます。なぜなら初期費用が数千円で済みますし、輸出ビジネスやせどりと違い在庫を抱える必要もありません。

しかし、リスクが無いことが最大のリスクと考えています。気軽に始められる分、いつでも気軽にやめられるからです。アフィリエイトで稼げない人のほとんどが、モチベーションが保てなかった人と言われています。

競合がガチすぎる(完全なる実力主義)

仕事柄、アフィリエイトを事業としている企業のセミナーなどを聞く機会が多くありますが、もう彼らはガチです。企業でアフィリエイトをやっている訳ですから、もはや個人で競合していくのには、厳しい世界となっているのを感じます。

例えば、企業は以下2点について有利です。

①多くの人材がいる

事業としてアフィリエイトをやっている訳ですから、やっている人の数が違います。

以前話題になった某まとめサイトでは、クラウドソーシングで大量にライターを募り、大量に記事を生産&投稿していました。1日の投稿記事数は100記事にものぼったようです。大量に記事を投稿することにより、サイトを検索エンジンで上位表示させていたのです。

一方個人でアフィリエイトをする場合は、記事を書くのはあなたしかいません。どれだけ頑張っても、働きながらでは1日1記事程度が限界でしょう。企業のスピード感には到底敵いません

②多くの資金がある

企業は人だけでなく、当然資金もあります。ライターに大量発注することももちろんですが、アフィリエイトで有効な、様々なツールを使っているところが多いです。

例えば、キーワードを調査するツールが代表的です。検索エンジンで上位表示する(SEO対策)には、ユーザーが検索していそうなキーワードを記事タイトルなどに盛り込む必要があります。しかし、そのキーワード調査はずいぶんと骨の折れる作業です。

しかし外部ツールを使えば、上位表示している20サイトを自動で分析し、「このキーワードを入れた方がいいよ」ということが分かるのです。料金は月額数万円と高額ですから、個人で契約するのも難しいです。

③ノウハウがある

長年Webに携わってきた人の専門家が、企業にはいます。彼らは検索エンジンの知識もありますし、ライティングの知識も豊富でしょう。それぞれの専門・得意分野を発揮しながらサイトを作っていくのです。

そして同じアフィリエイト事業者同士で交流会などを行い、常に最新の情報やトレンドを仕入れています。個人よりも圧倒的にノウハウが違います。

一方これからアフィリエイトを始める場合、ゼロから勉強するしなくてはいけません。情報戦で企業には敵わないです。

長期的な目線が必要

アフィリエイトのマネタイズは、数ヶ月〜数年スパンで考えるのが普通です。最初の数ヶ月はほとんど報酬は発生しませんが、それでもひたすら記事を書いていくことになります。「すぐにお金が稼げる!」と思って始めてしまうと、現実とのギャップにモチベーションを保てず、やめてしまうのです。

一人ぼっちになる

アフィリエイトは一人黙々と作業をするもの。記事をできるだけ更新していくために、平日はもちろん休日も仕事の時間に当てなければいけません。すると、どうしても人付き合いの時間は減ります

僕の場合は、休日には6時間ほど作業時間をとりますから、ほとんど友達とも会わなくなりました。そのあたり、本当は上手く両立したいんですけどね…

市場価値が高まらない

例えば、アフィエイトで月20万円稼げるようになったとします。でも、その人はアフィリエイト以外、何のスキルが身についているのでしょうか?もちろんキーワードの調査とか、検索エンジンの知識とか、色々身に付くことはあるかもしれません。

しかし、例えば30〜40代になって、部下を持ってチームマネジメントもしたことが無く、ただ「サイトを作ってました」では顔が立ちません。転職先も難しいかなと思います。就職できたとしても、ただの記事を書くだけの作業員になり下がるだけかもしれません。

したがって、アフィリエイトは自分自身の価値が高まらないです。

最後に

以上、アフィリエイトの現実を長々と語ってきました。もちろん、「アフィリエイトやるべきじゃないよ!」と言いたい訳ではありません。これらのリスクなど現実をしっかり把握した上で始めるなら全然良いと思います!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る