【名古屋ラーメンまつり2018】第2幕行って来た。第1幕と同じく安定の美味しさ!

みなとです。

今回も行って来ました!「名古屋ラーメンまつり2018」。今年は2週に分かれて「第1幕」と「第2幕」が開催され、それぞれ違ったラーメンが食べられます。2018年の開催期間はこんな感じです↓

第1幕:2月2日(金)~2月6日(火)

第2幕:2月8日(木)~2月12日(月)

※雨天決行 10:00~20:30(ラストオーダーは20:00)

※最終日は20:00終了(ラストオーダーは19:30)

第1幕のレポートはこちら↓ チケット購入方法や、開催概要の詳しい説明はこの記事をご覧いただければ幸いです。

みなとです。 2月の名古屋・栄と言えば、「ラーメンまつり」です。全国各地から美味しいラーメン屋さんが集まり、2017年は7万杯の売り上...

今回は第2幕に行って来ましたので、レポートしたいと思います。

実際に行って来たので、早速現地レポート

会場は第1幕と同じく、名古屋栄

会場は、第1幕と第2幕で同じ。名古屋栄の、久屋大通公園です。

駐車場もありますが、混雑するので電車で行くのがオススメです。栄で買い物して、お昼にふらっと立ち寄るのも良いかもしれませんね。

地下鉄「矢場町」の2番出口を出てすぐ。若干寒いですが、快晴で気持ちが良かったです。

ラーメンのラインナップはこちらの10杯。醤油、塩、豚骨、味噌などバリエーションは豊富です。気になるのは岐阜の「麺屋白神(上から3行目右)」。ラーメンWalkerグランプリで殿堂入りし、3年連続岐阜総合1位の名店中の名店らしいですね。

平日の朝は結構空いてました

第1幕は土日に行ったので結構混雑していましたが、平日10時では結構ガラガラ。どれもほとんど待つことはなく、すっと食べられました。有給取って行く価値あるかも?!

チケットは会場で購入

ラーメンを食べるには、まずチケットを購入し、そのチケットをお店で見せるだけにします(トッピングは追加料金をその場で支払います)。チケットの購入方法は大きく2種類で、コンビニで買う方法と、会場で買う方法があります。詳しくはこちら↓

みなとです。 2月の名古屋・栄と言えば、「ラーメンまつり」です。全国各地から美味しいラーメン屋さんが集まり、2017年は7万杯の売り上...

こちらにも書いた通り、チケット売り場は混雑するので、コンビニで買っておいた方が絶対オススメです。ただし、今回は平日ということもあり「そんなにいないだろう」とたかをくくって事前購入無しで来ました。

予想通り、チケット売り場はガラガラ。すっと買えました。

販売機はこんな感じ。まとめ買いも簡単に出来ます。1杯一律850円です。

チケットを持ってお店に並ぶ

チケットが買えたら、あとは自分が食べたいお店に並ぶだけ。煮卵など追加のトッピングは、注文口でチケットを渡す時にスタッフに伝えます。追加で料金を支払うという仕組みです。

1店舗につき6〜8名のスタッフがおり、分業制で進めているため1杯が出てくるスピードが早い。1分で3杯くらい出てきます。回転率が命でしょうかね。

麺屋白神(岐阜)

まずは気になっていた麺屋白神。味は白エビ豚骨という珍しい味。白エビの風味が凄い。麺はモチモチしておりスープによく絡みます。トロッとした焼き豚も美味しい。

金澤濃厚中華そば 神仙(石川)

続いて味噌ラーメン。この名古屋ラーメンまつりに4年連続で登場しているベテランですね。なんか去年も食べた気がするけど、美味しそうなので2杯目はこちらを選択。+100円で煮卵をトッピングしました。

衝撃なのが焼豚。スパイシーでしっかりと味がついており、噛みごたえも凄い。これは美味しかった。

富山えびすこ

胃袋は既に限界。3杯目は醤油ラーメン。いわゆる富山ブラックですね。チャーシューがこれでもか、というくらい入っています。胡椒が効いておりスパイシー。麺は極太麺で、モチモチしていました。

食事スペースや、ドリンクも販売しています

テントで食べるスペースもあります。土日はここも人でいっぱいなので、外で食べる人もたくさんいます。お茶などの販売はもちろん、ビールなどのお酒も販売しています。

感想

いやどれも期待を裏切らない美味さでしたね。1年に1回というのが寂しいですが、来年も必ず行きたいです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る