鞍馬寺〜貴船神社までハイキング&観光してきた!京都の人気パワースポット

みなとです!

京都に友達や身内が結構いるので、よく京都に行きます。京都の観光地と言えば、清水寺、八坂神社、祇園四条、金閣銀閣、伏見稲荷、嵐山、宇治などキリがありませんが、京都に行きまくっているためこれらの王道スポットは全部行ってしまったんですね。

で、今回どこに行こうと地図を眺めていたんですが、唯一行ったことがないエリアとして、京都市の最北端にあたる鞍馬・貴船を見つけました。

鞍馬・貴船とは?

地図ではこのあたりになります。

いやどこ?!っていう感じですが、地図をもう少し縮小して頂ければ分かるかと思います。京都駅から真北約15kmほどに位置するエリアになります。地図は叡山電鉄の終点「鞍馬駅」をさしています。貴船エリアは鞍馬駅から西に位置します。

ここは、「鞍馬寺」「貴船神社」など、京都有数のパワースポットとして有名です。特に紅葉の時期には多くの観光客が訪れますが、それ以外の時期はそんなに人はいません。

鞍馬駅から貴船までは徒歩で移動することができ、自然のパワーを感じながらハイキングを楽しむことができます

なので、叡山電鉄で鞍馬駅まで行き、そこから歩いて鞍馬寺→貴船神社→貴船口駅というルートが基本になります。この一連の所要時間は、観光なども含めてだいたい3〜4時間くらいです。

鞍馬・貴船に実際に行ってみた

叡山電鉄に乗って、まずは鞍馬駅を目指す

まず目指すは鞍馬駅。叡山電鉄で行く必要があります。京都駅から一本で行けますが、写真のように途中の二軒茶屋駅などで止まる電車もあるので、終点の駅については確認する必要があります。

ワンマン電車である叡山電鉄の特徴は、ガラス張り部分の面積が大きく、景色をとても楽しめることです。座席も外側を向くように配置されていることも面白いポイント。紅葉の時期はすごく良いでしょうね〜。

終点の鞍馬駅に到着しました。

鞍馬駅の中です。訪れたのは6月半ばで平日ということもあり、人はそんなにいませんでした。

これが鞍馬駅の外観。本当に駅?という感じですね。

鞍馬駅から鞍馬寺までは、とりあえず歩く

鞍馬駅から最初の目的地である、鞍馬寺へは歩いて移動します。

駅を出てすぐに、割と大きめの天狗のオブジェクトがあります。なぜ天狗かと言うと、かつて牛若丸に剣術を教えた天狗がいたという伝説があるからですね。

ちなみに雪の重みで鼻が折れたこともあるらしいですよ。

少し歩いて行くわけですが、かなり寂れた通りを歩きます。一応お店はやっているんですが、活気はありません。京都でわざわざこんなところまで来る観光客は居ないでしょうね。外国人もほとんど見かけませんでした。

ここまでは一応車でも来れますが、コインパーキングを使う必要があるようです。そんなに台数も無いっぽいです。

鞍馬寺の入口が見えてきました。荘厳な感じがして雰囲気がありますね。ここまでは鞍馬駅から徒歩5分くらいです。

「愛山費」として1人300円。愛山ということは払わなくても良い?と思いましたが、半ば強制です笑

ここからは鞍馬寺の境内に入って行きます。

ケーブルカーも使いながら、鞍馬寺から本殿金堂まで登る

このあたりもパワーを感じられる場所なのですが、最も強い場所が「本殿金堂」と呼ばれる場所。そこはかなり山の高いところにありますので、半分登山です。途中ケーブルカーに乗ってショートカットすることもできますが、いずれにせよ歩きやすい靴は必須です。

これは愛山費を払ったところでもらえるマップですが、なかなか険しい道のりになりそうな予感がしましたね…。

ここからはひたすら登りです。

少し歩くと、謎の建物が見えてきました。どうやらここがケーブルカーの乗車駅みたいです。歩いて登ることもできますが、ちょっとメンドくさかったので迷わず使いました笑。

中には鞍馬山のパノラマがありました。なかなかの山です。

ケーブルカー乗り場です。15分くらいおきに出るのですが、閑散としていました。1人200円です。

見た目はこんな感じです。

約2分という短い時間ですが、ぐんぐん登って行きます。

到着すると、もはや山すぎて周りには何もありません。途中途中で何かの建物があったりします。

こんな感じの道をひたすら歩きます。

途中登りと下りの分かれ道が。多分ケーブルカーを使わずに来る人と合流するポイントなんでしょうね。

道自体は整備されているので歩きやすいですが、雨の日なんかは滑ったりするかもしれないのでご注意を。

またまた謎の建造物が。どうやら食事処みたいですが、こんなところでご飯食べるの?という、のは思いました笑。実際に入っている人もおらず、周りの観光客はみんなスルーしていました。

景色はこんな感じです。もはや京都に来ているとは到底思えないですね。スマホも圏外になっていました。まさか京都市で圏外になるところが存在するとは…。

やっとの思いで本殿金堂に到着。ここに立つと宇宙のパワーを感じられると言います。確かに心が澄んだような感じになりましたね。

木の根道を通って、本殿金堂から貴船まで下る

さて、実はここからもう少し登りが続きます。山頂付近には「木の根道」と呼ばれる自然の地形がありますので、そこまでは自力で登る必要があります。

登るルートはここ。なんだか禍々しい雰囲気があります。

しばらくはこんな風景が続きます。

10〜15分くらい歩くと、木の根道が見えてきました。最初は土が柔らかいので雨などで削られ、根が露出したのかな、と思っていたのですが、実際には逆。土が硬いので根が入り込むことができず、こんな風になったということでした。

根っこは踏まないようにとのことですが、至る所にあるのでそれは無理です笑。

もう少し森の奥に進むと、大杉があります。生い茂っていてちょっとよく分からないです。

途中途中で謎の神社的なものもあります。

このあたりから下りになりますが、道が険しいので若干危険です。転ばないように焦らず行きましょう。

こちらは奥の院魔王殿。疲れていたので1分でスルー。

魔王殿を経てずーっと下りて来ると、鞍馬山の出口に到着。そして同時に貴船エリアに到着しました!

こちらが貴船のメイン通り。京都の隠れた名所です。

貴船と言えば、川床が有名。こんな風に料亭は地下に入って行くパターンが多いです。

こんな感じで、川の上で料理が食べられます。

雨のときはちょっと厳しそうですが。

貴船神社から貴船口駅までは徒歩かシャトルバス

少し歩くと貴船神社に到着しました。こちらもパワースポットだそうですよ。

ここの写真はよくるるぶなどの観光雑誌にも掲載されています。

結構な人がいますね〜。

絵になります。絶対紅葉の時に来た方が良いですね!

変わった形をした絵馬もありました。

そして、ここから貴船口駅まではバスも出ているみたいなのですが、徒歩20分くらいの距離なので歩いて行くことにしました。特に面白味も無いのでお金を払って体力温存を取るかですが、歩けない距離ではありませんでした。

こちらが貴船口駅。駅とは到底思えないですね笑。ここから京都方面の叡山電鉄に乗り、旅は終了です。

鞍馬駅から貴船口駅までの時間は、およそ3〜4時間くらいでした。結構足が疲れました。

感想

パワースポットと言うことで癒された感じがしました。観光客がそんなに多くなく、ストレスなく回れたので良かったです。

鞍馬山を越えるのは結構体力がいりますので、お年寄りの方や小さなお子さんは厳しいかもしれません。靴は登山靴までは必要ありませんが、歩きやすいスニーカーはマストだと思います。

紅葉の時期に来るべきスポットだと思います。ここを回るだけで半日はかかりますから、紅葉の時期以外は、せっかく京都に来るなら他のスポットを巡ったほうが良いかもしれませんね。もちろんパワースポット好きな方なら全然良いと思いますが…。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る