NHKラジオ英会話のテキストを使って、1ヶ月勉強してみた感想

みなとです!

ここ半年くらい英語の勉強を継続していますが、以前紹介した「English Grammar in Use」を一冊終え、文法のおおよそをつかみました。次のステップとしてリスニング力、トーク力だと思いますので、NHKの「ラジオ英会話」を毎日行うことにしました。始めて1ヶ月くらいたったので、感想などを書いていこうと思います。

NHKラジオ英会話とは

概要

その名の通り、ラジオで英会話が学べるというものです。放送時間は、月~金曜日の午前6:45~7:00になります。再放送もやっていますので、もし聞き逃しても大丈夫ですし、ブラウザでストリーミング再生もやっていますので、たとえ終わった放送も、いつでも聞くことができます。

学べる内容

NHKラジオ英会話では、日常生活に役立つ表現を学習することができます

僕も学生時代、それなりに英語を勉強してきた方ですが、それでも全く聞いたことのない言い回しが続々出てきて驚きました。細かい強弱などの発音等にもしっかり触れていますので、英語らしい英語を聞き、そしてアウトプットする場が魅力です。

復習回では、ダイアログの内容に関連した英作文にも挑戦することができます。更に月末の1週間では文法であったり、異文化理解に役立つ英会話学習に加え、ニュース、音楽、早口ことば、物語等バラエテイーに富んだ学習素材が多数用意されています。「話す」「聞く」だけではなく、「書く」「読む」力も身につけることができます

楽しみながら英語のコミュニケーション力向上を目指したい方に是非おすすめですよ。

レベル

ところで、NHKの英語講座は色々ありますよね。ラジオ英会話だけでなく、「基礎英語」「ニュースで英会話」など、どれを選んで良いか分かりません。そんな方のために、それぞれのテキストにはレベルの記載があります

ちなみに、ラジオ英会話はB1レベルです。英検ですと2級、「社会生活での身近な話題について理解し、自分の意思とその理由を簡単に説明できる」とあります。

こう聞くとレベルが高いと思うかもしれませんが、高校までしか英語を勉強していなかった僕でちょうど良いレベルだったので、大丈夫だと思います。まあお金がかかる訳ではないので、1回聞いてみると話は早いです。

ラジオ英会話のテキスト

さて、ラジオ英会話は音声だけで英会話が学べます。車で通勤中に聞いたりできますので、手軽に学習できることが魅力の一つ。もちろん、専用のテキストも売っています。それがこちら。

定価で486円。毎月14日に発売しています。お手頃価格でラジオ1ヶ月分の内容が凝縮されています。

このテキストでは、実際に流される英会話のスクリプト、覚える英単語やイディオムなどが記載されていますので、音声で聞き取れなかった内容もこれを見れば分かりますね。書き込み式の部分もありますので、机でしっかりと学習したいのであれば、購入をオススメします。

中身の写真を載せると著作権的に危険なので載せませんが、書店で販売されていますので、一度手にとってパラパラと見てみるといいでしょう。

1ヶ月間勉強してみた感想

まあ結論言うと変化ないですね。そりゃ1ヶ月で変わったら苦労しないですが、もう少し長期的にみる必要がありそうです。効果はまだ分かりませんが、感想を以下で述べていきたいと思います。

継続のハードルが低くて良い

まずこれは一番に感じることろ。1回15分という手軽さが最大の魅力かと思います。英語の学習に関わらず、何かを1日1時間続けるのってなかなか難しいものですよね。

でもラジオ英会話は1回たったの15分。それくらいなら通勤の時間などで工夫さえすれば、日常生活に支障をきたすことなくできます。

そして価格の安さ。ラジオを聞くのは無料です。テキストを買ってもワンコインでお釣りがきます。英会話スクールでは月に数万円しますから、費用がほとんどかからないのが大変ありがたいです。

日常会話に密接した英語表現が学べる

ラジオ英会話の特徴でもありますが、本当にこれは間違いない。レストランでの会話とか、スポーツ選手へのインタビューとか、家族での会話とか、会話内容自体は難しくないです。ただ、「そんなの聞いたことねえよ」っていう表現がどんどん出てきます

例えば、「I have a hunch〜 私の勘ですが〜」「I’m hangry! 私はお腹が空いてイライラしているの!」「We stand a good chance 十分チャンスはある」などなど、15分間の中にこれでもかというくらいの日常表現がたくさん出てきます。まあ僕が知らないだけかもしれないですけど…。

会話の中で出てきますから、どういうシーンで有効かも勉強できます。

あまり触れてこなかった発音の勉強ができる

中学校は教科書の音読とかありますが、しっかりと発音の勉強をしたことはほとんどないのでは?と今振り返ると思います。日本人があれほど学校で勉強するのに喋れない理由はそこかもしれませんね。

ラジオ英会話では、1回のレッスンに発音の勉強&練習が必ず出てきます。「機能後を弱化し、内容語を強める」、「前後の単語を繋げて読む方法」「tはdやlの発音になることがある」など、「へー!」という発見が毎回あって面白いです。

復習しないと忘れやすいかも…

一応、月から木曜までが英会話、金曜が1週間の復習という構成になっていますが、やっぱり1日15分という短さゆえ、パッと終わりますので、自分で復習しないと忘れてしまいますね。

インターネットのストリーミング再生では、過去1週間分のラジオ内容が聞けるので便利ですが、1週間を過ぎると聞けませんので、忘れたら発掘しようがないですしね。テキストを買っておけば復習できますが…。まあ音声教材が別売りですので、徹底したい方はそれも購入しても良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

英語取得に近道はなく、ひたすら継続だと思っています。そういう意味では気軽に継続ができるラジオ英会話はオススメです。みなさんも是非。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る