【ブレスオブザワイルド】追加コンテンツ第1弾をやった感想。買う価値あり?

みなとです!

「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」は、僕がスイッチを購入したときに最初にプレイしたソフトになります。昔からのゼルダファンだったこともあり、このソフトがやりたくてスイッチを買った、みたいな部分はあります。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド自体が発売されたのは3月。率直にそれだけでも十分面白かったのですが、同時に追加コンテンツ(正式にはエキスパンション・パスと言いますが、本記事では統一して追加コンテンツと言います)が配信開始されました。新しい難易度モードやダンジョン、アイテムが追加されるパッケージです。

ただし2,500円と有料だった点と、「マリオカート8 デラックス」や「スプラトゥーン2」など人気の作品が次々と発売されたことで、購入は見送りしていました。

それらを一通りプレイし落ち着きましたので、最近ついにゼルダの追加コンテンツを購入しました。まもなく追加コンテンツの第2弾も配信開始となる、との発表もありますので、それにも備えての購入になります。

そこで今回は、追加コンテンツ第1弾をプレイした感想を中心にまとめていきたいと思います!

追加コンテンツの内容とは?

さて、まずは追加コンテンツの内容から詳しくご説明します。追加コンテンツには購入特典、第1弾(6月30日配信開始)と第2弾(2017年冬配信予定)があり、購入はまとめて行います。つまり、一度追加コンテンツを購入すれば、両方遊べます。

さらに、購入するともれなく購入特典が付いてきますので、合計で大きく3つのコンテンツになっています。

購入特典

追加コンテンツを購入すると、もれなく付いてくる特典になります。「始まりの台地」のどこかに、追加コンテンツ限定の装備品などが入った宝箱が3つ存在します。

第1弾:試練の覇者

内容としては、「剣の試練」「足跡モード」「マスターモード」「ワープマーカー」「宝探しで見つかる装備8点」「コログのお面」の6つになります。

要は色々な新アイテムが追加されたり、より難易度の上がったモードで遊べるようになったりします。特に注目なのは「剣の試練」。これは武器や防具が一切無い状態で、次々と敵を倒していく試練になります。風のタクトでもあったような内容ですね。これをクリアすると、マスターソードがパワーアップするようです。

第2弾:英傑たちの詩

こちらは現時点では内容が明かされていませんが、新しいダンジョンやオリジナルストーリーが楽しめます。噂によるともうすぐ(12月中)に配信を開始されるようですので、配信開始したら、また記事にしたいと思います。

既に追加コンテンツを購入した方は、配信開始と同時にダウンロードが出来るようになるかと思います。

購入・ダウンロード方法

購入方法は大きく3つの方法があります。

①Nintendo eShopで購入する

僕はこちらにて購入をしました。スイッチやWii UからNintendo eShopを起動し、購入する形になります。基本はクレジットカードの支払いになりますので、購入の際にカード情報を入力します。

決済が済むと、即座に自動的にダウンロードが開始されます。ダウンロードが終了したら、一旦ソフトを再起動することで、追加コンテンツをインストールできます。

②スマホやパソコンで購入する

Nintendo公式サイトから購入する方法です。ニンテンドーアカウントが必要になりますので、アカウントが無い方は登録して、購入してください。

③追加コンテンツダウンロードカードを購入する

家電量販店でダウンロードカードを購入する方法です。取り扱い店舗は、Nintendo公式サイトに載っておりますので、参照してください。

以上の3ついずれかの方法にて正しくダウンロードすると、以下のように「追加コンテンツ 購入済み」の文字が現れるかと思います。

こうなったら購入完了です。早速「つづきから」を選んでプレイしましょう!

第1弾をプレイしてみた感想

ネタバレ要素も多少混ざっておりますのでご注意ください。

剣の試練

剣の試練は、コログの森のデクの樹の前、マスターソードが祀られていた台座に、マスターソードを再び納めると開始します。イメージ的には、スカイウォードソードでサイレンの世界に入るように、別世界に飛ばされて試練を受ける形です。

どんな試練かと言うと、武器や防具がゼロからのスタートし、次々と敵を倒していく形になります。武器は敵から奪います。

これが結構鬼畜。死んだらやり直しです。防具は無しなので、ザコ攻撃に当たるのも命取り。「ちょっとくらい攻撃受けても良いや」と思って突っ込むと、確実に持ちません。ノーダメージの勢いで頑張らないと辛いと思います。

もちろん回復道具もゼロからのスタートになりますので、落ちている木の実や果物を地道に拾って回復に使います。

木の枝で頑張っている様子です笑。

何回か挑戦しましたが、5回目くらいでやっと序位をクリアできました。序位は11階で終了し、マスターソードの攻撃力が10アップしました。次は中位だと思いますが、序位で何回もゲームオーバーになってしまったので、極位はどんな難しさだろうと想像すると気が遠くなります笑。

今まで本当に武器や防具に頼っていたなあと思えました。敵の攻撃を読みながら、戦略的に戦うことが必要かと思います。これだけで結構遊べます。

足跡モード

マップを開くと、自分が今まで通った道筋が線となって見ることができる機能になります。これは過去200時間分記録されています。

これで感動したのが、僕がプレイを始めてからの軌跡が全て残っていたということです。どうやら追加コンテンツを購入した日から記録される訳ではないようですね(それだったら意味ないか…)。

さらに、これはムービーのように辿った順番も見ることができますので、ますます感動します。こうして見るとただの線ですが、「ここでこんな敵と戦ったな」「ここでよく死んだな」など、色々な記憶が蘇ります。

これで未開の地を見つけることができますね。まだ見つけていない祠などを見つけるヒントになるかもしれませんね。

マスターモード

敵の攻撃力がアップし、しかも時間経過とともに回復すると言うプレイモードが選択できるようになりました。通常モードのときには出現しなかった最上位の敵や、空中に敵や宝箱が存在することもあります。

今のところ通常モードでお腹いっぱいなので、まだプレイしていません。

ワープマーカー

今までワープポイントとしては祠、または塔のみでしたが、自分で好きなところにワープができるようになる機能です。ちなみに、1つしか置けません。

追加コンテンツをダウンロードすると、ポーチのアイテムとして自動的に追加されています。便利というと便利ですが、ワープポイントはそこら中にたくさんあるため、そこまで使っていないです。

宝探しで見つかる装備8点

ミニチャレンジを見てみると、自動で追加コンテンツの内容が反映されています(剣の試練はミニじゃないだろ…)。剣の試練の下からのチャレンジが、要は宝探しチャレンジみたいなものです。ヒントにそってハイラルを探索すると、追加コンテンツ限定の装備がゲットできます。

例えばムジュラの仮面とかです。これを被っていても何も起きませんが、ゼルダファンとしては面白です。その他にもチンクルの装備や、ミドナの冠など、これまでのゼルダシリーズで登場した懐かしいキャラクターが装備となって登場しています。

コログのお面

ミニチャレンジの1つで、これもヒントを頼りにハイラルのどこかに眠る、コログのお面が入った宝箱を探すものになります。これをかぶると、コログが隠れている場所の近くを通ったとき、お面が反応しますので、コログ探しに役立ちます。

しかし、お面が反応したとしても、近づくと音が大きくなる訳でもないので、場所を正確に特定するにはちょっと難しいかなと思いました。一筋縄ではいかないのが、また面白いのかと思いますが。

追加コンテンツは買う価値があるか?

結論から言うと買う価値ありだと思います!

2,500円と聞くとちょっと高いんですけど、それを超えるコンテンツ量です。しかも第1弾だけで。これで新ダンジョンや新ストーリーが追加される第2弾が付いてくるとなれば、量的には価格以上の内容の濃さかと思います。

まとめ

追加コンテンツは買う価値あり!第2弾に期待です!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る