【書評】転職の思考法を読んだ感想。転職に必要なのは確かな判断軸である!

みなとです。

かつては一つの会社で一生働く、いわゆる終身雇用が主流でしたが、自分のキャリアパスを築く中で複数の会社を自ら選択して行く上で、今や転職が当たり前になりました。さらには副業(複業)も認められる会社も増え、働き方は多様化しています。

そのため、マーケットバリュー(市場価値)と呼ばれる、労働市場において自分を商品として見なした時の価値を常に意識して働く必要があります。それがイコール給料となります。

僕が最近読んだ「転職の思考法」と言う本は、その考え方や転職するときに考慮すべきことが分かりやすくまとめられているものです。今回は、こちらの書籍についてご紹介していきたいと思います。

「転職の思考法」はこんな本だ

「このままこの会社に居ていいのか・・・?」働く社会人なら誰しもが思ったことがあると思います。その疑問にスポットライトを当て、モヤモヤを紐解く手助けをしてくれる本です。本書籍は大きく4つの章で構成されています。

①マーケットバリューとは何か?身に付ける方法とは?

自分のマーケットバリュー、つまり労働市場における自分の値段は、「技術資産」「人的資産」「業界の生産性」を掛け合わせたものと定義しています。それぞれ順番に、「専門スキルや経験があるか」「あなたのために動いてくれる人はどのくらいいるか」「その業界の伸びしろ」です。

それぞれ3つの要素を高めるためには何が必要か?そんなことが解説されています。

②転職する上でのマインドセット

「転職=悪」とする人間が必ずいます。しかし、本書籍ではそう言う人間を、「選択肢を手に入れる努力を放棄した者の言い訳」だとしています。人には選択をする権利があり、そして選択される会社はより魅力的になる努力が必要になります。転職はむしろ個人や会社にとっても善であると述べられています。

転職を考えると、「お世話になった人に申し訳ない」とか後ろめたい気持ちが生まれるのは当然ですが、「この会社に居るしか選択肢がない」という状態で働くよりも、数ある職場の中から能動的にこの会社を選んで居る」という状態の方が、精神的にも健全ですね。

③転職する上での社員、転職エージェントとの向き合い方

転職は人間関係にも大きく影響を与えます。残された社員ももちろんですが、転職エージェントや恋人などのパートナーとの関係も含まれます。

「転職後期で迷いが生じたらそもそもの目的に立ち返ること」「良い転職エージェントの見抜き方とは?」「恋人などのパートナーとの向き合い方」など、周りの人間との上手い付き合い方を解説しています。

④心から納得いく仕事を見つけるために

「やりたいことが見つからない」という人は結構居るようですが、それを悲観する必要は全くないと述べられています。そういう状態の人は99%いると言われていますが、彼らは「こういうことをしたい」というより、「こういう状態やこういう人でありたい」という思考のため、その環境を整備することで「良い状態」になれます。

そのためにはマーケットバリューを高めることと、緊張と緩和のバランスが取れた状態に身を置くことだそうです。

「転職の思考法」を読んだ感想

自分なりの感想を書いていきますね。

ストーリー形式でスラスラ読める

こういう本って普通キチッとした文章で1ページ1ページが重いんですけど、この本は30才の登場人物(青島)と転職エージェント(黒岩)の対話形式で書かれているので、スラスラと読めました。読もうと思えば1日で読んでしまえる内容です。

主人公が転職をする中で色々と事件が起こったりするのですが、ストーリー自体が面白いので時には本の内容を忘れて読んでしまいます。

気軽に読めるビジネス本なので、気軽に手に取って読んでみてください。

転職を勧める本ではない

この本は「転職の方法」ではなく、「転職の思考法」。なので転職を勧めるような本ではなく、「転職する上でどう考えるか」という内容です。なので、今の会社に居て正解だと確信もできるような内容になっており、僕はどちらかと言うとそうでした。

「転職は今のところ考えていない」という方にも是非読んでほしいと思いました。

自分のマーケットバリューを考えて働くマインドが付いた

僕が個人的に頭に残っているフレーズの一つに、「上司を見て働くか、マーケットを見て働くか」という言葉があります。

つまり、ずっと上司の顔色を見て働いてきた人は、一生そういう風に会社に飼いならされて働くことになります。しかし、マーケット、つまり自分が労働市場でいくらか?ということを考えて働いてきた人は、どんな環境でも食べて行けられるスキルを得やすい。そういう意味です。

これには非常に腹落ちしています。先述しましたが、「他に選択肢がないからこの会社に居る」より、「どこでも行けるが能動的にこの会社を選んで居る」という状態が健全な状態と言えます。前者は替えが効くため、やがてテクノロジーに置きかわり必要ない人材となってしまうでしょう。それよりも、汎用化されにくいスキルや経験を備え、自分のマーケットバリューを磨き続けて行った方が会社との交渉力も付くし、それが給料と比例するので、長期目線では良いと思います。

そんな考え方を再確認できた良い本でした。

最後に

モヤモヤしながら仕事をしている人には、是非一度手に取って読んで欲しいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る