iPhone11 Pro向け保護ガラスフィルム!Spigen製は絶対ズレないよう貼れるからおすすめ!

みなとです。

最近iPhone11 Proに機種変更しましたが、しばらくは画面に保護フィルムを貼っていませんでした。理由は、少しでも気泡が入ったり、位置がズレたりしたまま使用するのが嫌いだからです。もちろん気にしない方は気にしないと思うのですが、僕は気になっちゃうタイプです。

そんな中、僕が好きなガジェット系YouTuberのイマムラさんの動画にて、「Spigen(スピゲン)」というモバイルアクセサリーのブランドの存在を知りました。衝撃だったのが、商品に入っているiPhone本体に被せるためのプラスチック製カバーを装着し、それに沿ってフィルムを貼ると完全にまっすぐに貼れるというもの。

即座に購入し、試してみましたので今回レビューしていきたいと思います。

実際に購入してみた

こちらが商品パッケージ。Amazonで「Spigen iPhone11 Pro ガラスフィルム」と検索すれば出てくるかと思います。2枚入りで999円。お手頃価格です。もちろんiPhone11やiPhone11 Pro Maxでサイズは違いますので、ご注意ください。

楽天やYahoo!で検索してもヒットしなかったので、今のところはAmazonかSpigen公式サイトで買うしかなさそうですね。

裏面はこちら。

パッケージを開けるとこういう風になっていて、

内容はこんな感じ。

ガラスフィルム2枚、iPhone本体に被せてフィルムを正確に貼るためのプラスチックカバー、説明書、クリーニングセットです。

クリーニングセットの中には、アルコールっぽいウェットのクリーニングワイプ、画面クリーナー、ホコリを取るためにペタペタするシール、気泡を避けるヘラの4点が入っていました。

こちらは説明書の裏。取り付け方法は大まかに、「画面のホコリや指紋などを綺麗に掃除」し、「プラスチックカバーを被せ」、「フィルムを貼り付ける」という3ステップとなります。

もちろんカバーは取りましょう。念のため電源も切っておいた方が良いですね。では作業に入っていきます!

実際にフィルムを貼ってみた

まずはクリーニングワイプで表面の指紋や脂をゴシゴシ洗い落としていきましょう。2つ入っているので1つは取っておきます。

次に付属の乾いたクリーナーで拭いていきます。そうすると完璧に綺麗になります(画面には洗濯物とか写っていますが、実際はピカピカです)。

次に、プラスチック製のカバーをセット。しっかりとはめ込みます。

内側に計10箇所の爪のようなものがあるのが見えますでしょうか?こちらがガラスフィルムのサイズとピッタリ一致するので、ズレることなく綺麗に貼れるという仕組みです。

次に、表面についたホコリをこちらのシールでペタペタ取り除いていきます。この作業で表面を完全に綺麗にします。

ホコリが付着しないようにすぐにガラスフィルムを貼ります。プラスチックカバーの内側に地目があるので、そのまま乗せるだけでまっすぐ綺麗に貼ることができます

あとは、指で上から下になぞり気泡を取っていきます。ホコリさえなければ気泡は全く入りません。

プラスチックカバーを取り外します。

クリーニングセットの中には硬いゴム製のヘラが入っていますから、こちらで気泡をしっかり押し出していきます。

最後に、表面のシートを剥がして完成(洗濯物が写っていますが気にしないでください)。

クリーニングセットが充実しているためフィルムを貼る前に完全に綺麗にすることができたため、気泡も入っていませんし、何より全くズレがない!

こちらも完璧!

感想

気泡が入らず、ズレなく貼ることができて満足です。もう1枚入っているので、これで999円でかなりコスパも良いです。おすすめの商品です!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る