【スマブラSP】プレイしてみた感想と、前作のWiiUと比べてどんな違いがあるかまとめてみた

みなとです。

ついに大乱闘スマッシュブラザーズspecialが発売開始となりました!発表があった時は「まだまだ先じゃん」と思っていましたが、なんだかんだで早かったですね〜。

僕も予約していたので早速発売日当日にプレイしてみました。ってことで今回は、プレイしてみた感想書いていきながら、前作のWiiU版スマブラと比較してどんなことが変わっているのかもまとめてみたいと思います。

今回のスマブラはどんな内容?

トップのメニューはこんな感じで大きく5つのメニューからなります。では1つずつ紹介していきますね。

①大乱闘

スマブラといったらやっぱりこれ。ルールやフィールドを好きに決めながら、みんなでワイワイ遊ぶモードです。もちろんCPU相手に1人でプレイも可能です。しかし…

総勢74体ものファイターが参戦し、これまでのスマブラで登場した全員が登場することでも話題でしたが、最初に使えるのはたったの8人。「まじかよ..!」と思いました笑。分かる人には分かると思いますが、64の初代スマブラで最初に使えたキャラと同様です。

どんどん増やしていくのも面白みの1つかな?と思います。

②スピリッツ

これは1人プレイモードです。「アドベンチャー」は要はストーリーモードで、囚われた仲間を助けながら進んでいくようなもの。

悪の親玉は「キーラ」って言うらしいですが正体は不明です。

キーラはキャラを操り世界を滅ぼそうとしているみたいです。

実際のフィールドはこんな感じ。様々なミッションバトルをクリアしながら広大なマップを進んでいきます。たまに新キャラとの対戦があり、戦いに勝つと大乱闘など他モードでそのキャラが使えるようになります。

③いろんなあそび

これも1人用モード。勝ち上がり乱闘は1つのキャラを操って、色々な敵と対戦していくもの。マスターハンドとかたまに最後に出てきますね。

またトレーニングや組み手といったおなじみのプレイモードもあります。

④コレクション

サウンドテストやクリアゲッターなどのコンテンツを楽しみます。

クリアゲッターは相当な量。かなりのやり込み要素がありそうです。

⑤オンライン

オンラインは大乱闘と大観戦があります。大観戦は色々な試合を見ることができます。

友達ともできますし、見知らぬ誰かとも対戦可能。

条件を指定すれば、自分の好きなルールでのバトルが可能です。

前作WiiU版と比べて、戦ったときに感じた違い

スピード感が遅くなったような気がする

繰り出す攻撃、ジャンプした感じなど、全体的にちょっともっさりしているような気がします。それが多分、一番違和感がある要因かなと思います。重力も増した?ようにも思いますから、WiiUの感覚でメテオしに行くと自分が落ちてしまいそうになります。

コンボが繋がりにくい

上手く修正されたのか、コンボが繋がりにくい。例えばマリオの下投げからの(小)上AはWiiUのときはかなり入ったコンボでしたが、Switch版ではなかなか入らないんですね。マリオで下投げをすると若干左右にズレるので、真上に飛ばないことが要因です。

なので、一つ一つの技が独立して入るような戦いぶりになったように感じます。

スローモーションが入る

確実にぶっ飛ぶ攻撃が入った場合、一瞬スローが入って拡大されます。これにより爽快感がありますし、やられた方は「うわっっ!!」って感じます。それだけです。

これが入るのは1対1になったときのみです。

実際にプレイしてみた感想

コンテンツ量が圧倒的すぎる

キャラ、ステージ、音楽、1人モード、クリアゲッターなどコンテンツ量が圧倒的に多いです。やり込み要素はすごくあると思います。

キャラ解放が途方もない

冒頭で紹介した通り、初期キャラはたったの8体。全員で74体のキャラが出てくるということでサクサクキャラが参戦してくるのかなと思っていたら、全然そうでもありません。1時間くらいやって2〜3体しか出てこないので、キャラを出すまでに相当な時間を要しそうな気がします。

WiiUと戦った感覚は全然違う

もっさり感、コンボの繋がりにくさなど、WiiUの感覚とは全く違いますね。WiiUをやり込んでいた人は慣れるまでに時間がかかるかも。

最後に

ひとまず、最初の1日間だけプレイしてみての感想でした。全キャラまずは出せるように頑張ります〜。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る