iPhone8のapple純正シリコンケースのレビュー。触り心地抜群で頑丈そう!

みなとです。

今やファッションの一部みたいになっているスマホカバー。キャラクターが印刷されていたり、リングが付いていて落としにくいようになっていたり、手帳みたいになっていたりと、その種類は多種多様です。

しかし、本来の役割としてはスマホを保護するもの。という訳で、僕は保護機能がしっかりしているものと、あまりスマホケースでゴチャゴチャと主張したく無いので、見た目のシンプルさを重視しています。

僕はiPhone8を使っていますが、目についたのはやはりapple純正のケース。少々値が張りましたが購入してみたので、今回レビュー記事を書いていきたいと思います。

iPhone8用純正シリコンケースを買ってみた

まずはじっくり観察!

今回買ったところはビックカメラです。スマホケースは他にもたくさんあったのですが、厳重に棚に鍵付きで展示されていました笑。

今回購入したのはホワイトのカラー。iPhoneがシルバーなので、これが一番合うかなと思ったのと、色が付いているとすぐ飽きそうだったからです。

裏面です。特にコメントはありません。

特に説明書等は入っておらず、取り付け方のイメージ図のみです。非常にシンプルデザインですね。

本体です。内側はちょっと灰色がかっており、レザーのような触り心地でした。

拡大図です。カメラとマナーモード切り替えの部分だけ穴が空いています。

ここは見えない部分になりますが、iPhoneと彫られている感じです。底の部分はパックリと空いており、スピーカー部分と充電ケーブルの差込口は完全に露出します。

外側になります。リンゴマークがあるだけのシンプルな見た目です。全部シリコンなんですが、ロゴの部分だけまた別のシリコン素材を使っているようで、白い部分とリンゴの部分とで微妙に触った感触が異なります。プリントされている訳ではなく、別の素材を当て込んでいる感じでしょうかね。

左サイト部分。音量ボタンは露出しないタイプです。

右サイド部分。スリープボタンも露出しないタイプです。

シリコンなのでふにゃふにゃなのかな?という先入観がありましたが、結構頑丈に出来ており、結構力を入れてもこれくらいしか曲がりません。シリコンとプラスチックの中間くらいと言うか、両者のいいとこ取りをしたような素材に感じました。

実際にはめ込んでみた

素材が結構ハードなので、はめ込む時に「バチっ」としっかりハマります。

こんな感じです。非常にシンプルですね。

裏面です。シンプルすぎてコメントがしづらいですが、ロゴマークがあるのは良いですね。

使ってみた感想

まず感動したのが触り心地ですね。文章だと伝えにくいんですけど、非常に滑らかと言うか、触っていて気持ちがいいです。触りたくなる感触とでも言うのでしょうか、シリコンなのにどこか高級感のある触り心地です。

そして、かなり丈夫そうだという点。シリコンと言えばふにゃっとなるイメージでしたが、全然そうならない。ハードケースのような感じですかね。

最後に、見た目がカッコいい。何の無駄もないシンプル設計でオシャレです。裏面にリンゴマークがあるのもapple好きとしては嬉しいポイントです。

ケースだけに五千円も払うのは一見バカバカしいですが、まあ全然良い買い物だったかな、と思いました!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る