登山の超初心者が、モンベルの店員にオススメされた「ツオロミーブーツ」を買ってみた

みなとです!

色々な趣味をかじっているんですが、最近は「登山をしてみたい!」って思うようになりました。理想は一眼レフカメラを持って行って、高山風景に囲まれながら写真を撮る、みたいな感じですかね〜。

これは僕が撮った写真じゃなくフリー素材です笑。イメージはこんな感じです。

僕は一眼レフカメラをはじめ、旅行やクロスバイクなど、一応響きは良いアウトドア系の趣味があります。しかし登山は全くの素人で、「行きたいな〜」と思ってはいましたが、なかなか行動に移せませんでした。

しかし最近星の撮影にハマりまして、「山×星」みたいな写真を撮りたい!と思うようになったので、今回挑戦してみようと思った次第です。

さて、そう思ったは良いんですが、登山にはまず装備が必要です。「The North Face」や「好日山荘」など色々なブランドやお店がありますが、昔モンベル(mont-bell)のリュックを買ったことがあるので、今回はモンベルで装備を揃えることにしました。やっぱ揃っていた方がカッコいいですよね。

登山靴?トレッキングシューズ?違いとは?

まず登山に必要なものNo.1といえば靴ですね。まずはこれを用意する必要があります。

色々調べたところ、「登山靴」と「トレッキングシューズ」は微妙に違うようですね。そもそも登山靴には「重登山靴」と「軽登山靴」があり、重登山靴は雪山や標高の高い山に登る用(靴底にツメがあったりするやつですね)、軽登山靴は軽登山や、雪の降らない時期に使う用とのこと。さらに軽登山靴をカジュアルに一般向けしたような靴がトレッキングシューズのようです。

正直初心者にはよく分からないので、実際に店へ行って店員さんに聞いた方が早い!ということで、早速行ってみました。

店員さんに聞いた!登山用靴の選び方とは?

モンベルでは色々なトレッキングシューズを取り揃えていましたが、店員さんイチオシがこの「ツオロミーブーツ」だそうなので、購入しました。

「ツオロミー」とはモンベルの中の靴の呼び方なので、「ツオロミーブーツ」が他のブランドにある訳ではありません。好日山荘にはありませんので、ご注意ください。

店員さんによると、登山靴を選ぶにあたって「どんな山に登りたいか」で選ぶべき靴が変わってくるそうです。雪山などにも対応するものであれば、靴底にツメがついた靴にすべきですし、ハイキング程度のものであれば、そもそも必要ないかもしれません。

僕は単に「登山がしたい!」という漠然としたものしかなかったですが、色々と店員さんにヒアリングしてもらい、最終的にこれをオススメされた感じです。僕の「雪山とかそこまでガチじゃないけど、そこまで低い山も物足りないかな〜」というアバウトさでも、モンベルの店員さんはしっかり聞いてくれました。

店に行く前に、ある程度「登りたい山」をリストアップしておくと良いかもしれませんね。

ツオロミーブーツの特徴

①ハイカットタイプ

さて、このツオロミブーツの特徴一つ目は「ハイカット」タイプです。くるぶしあたりまでしっかりと覆われたタイプですね。

「ローカット→ミドルカット→ハイカット」の順に靴の高さが増えていき、基本的に値段も大きくなります。靴の高さが高いほど、しっかりと足首が安定するので、怪我の可能性や疲労を軽減します。逆にローカットは歩きやすく、ハイキング程度ならこれがベストです。

「今後ある程度高い山に挑戦するならハイカットが良い」ということで、ハイカットであるツオロミブーツを選択しました。

②ソールが丈夫らしい

ソールとは靴と地面が接する部分。足裏ですかね。ツオロミーブーツはこんな感じになっています。

粘着性があり滑りにくい「トレールグリッパー」と呼ばれる高機能ソールのようです。しっかりと地面に足を引っ掛けることができ、安定した歩行が出来るとのこと。まあ素人には分かりませんが、触ってみるとカチコチです。合成ゴムっぽい感じです。

③靴紐が締めやすい

靴紐と靴との摩擦が少なくなる構造をしており、引っ張っただけできつく締めやすいようです。締め方にもポイントがあるようで、山を登る時と下る時とは締め方が違うらしいです。当たり前かもしれませんが、僕にとって「へぇー」という発見がありました。

④世界最高クラスの防水性と透湿性

初めて聞きましたが、「ゴアテックス」という素材を使用しており、世界最高クラスの防水性と透湿性が備わっているようです。なので、晴れの日は蒸れなく使用できるのはもちろん、雨の日も対応可能。オールマイティに使えるトレッキングシューズですね。

ついでに靴下選びのポイントも!

ちなみに靴下も合わせて購入をオススメします。「靴下なんてあるやつで良くね?」って思っていたんですが、実は重要なグッズのひとつだったりするようです。ちなみにこれを購入しました。

登山専用の靴下を履く利点の一つはフィット感です。もともと登山用の靴は、自分の足のサイズ+1.0〜1.5cm程度が良いとされています。やわらかく厚い靴下でその分を補い、靴にフィットさせると歩きやすくなり、衝撃を吸収するため疲れにくいです。たかが靴下と侮ってましたね…。

これは完全にファッションの話になりますが、靴との色の相性も選ぶポイントですね。

モンベルクラブ(モンベル会員登録)はお得なのか?

モンベルには会員登録制度があります(モンベルクラブと言います)。年会費が1,500円かかりますが、買い物時に会員カードを提示すればポイントがたまるようですね。

これ、賛否両論あると思いますが、僕は入会をオススメします。月にすると100円ちょっとで済みますし、その他色々な特典があるからです。モンベルクラブのメリットについて詳しく説明します!

①ポイントがたまる(入会時は500ポイントもらえる)

¥100のお買い物で5〜9ポイントたまります。1ポイント=¥1です。登山グッズは基本的に高いですから、ポイントは早くたまりそうですね。さらに入会時は500ポイントもらえますので、実質1,000円で入会できることになります。

僕の場合、ツオロミーブーツと上着、靴下で合計4万円ほどの買い物になりましたが、それだけで2,000ポイントたまりました。

②全国1,600の施設で割引

例えばロープウェイ、温泉、キャンプ場などのアウトドア関係の施設の利用が割引になります。今後登山を趣味としてやっていくのであれば、長い目でみるとおトクですね。

③オンラインショップは送料無料

オンラインショップの送料は全国一律500円(1万円以上は無料ですが)。地味に痛いですが、モンベルクラブなら送料は無料です!

④会員誌やオリジナルカタログがタダでもらえる

入会と同時にこんなものが貰えました。

先ほどの割引施設の一覧であったり、モンベルの商品カタログです。発行ごとに無料で送付してくれるので、新情報をいち早くチェックできますね。

まとめ

まだ登山グッズを買っただけの状態なので、実際に登山へ行った際にはまたこのブログで発信していこうと思います!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る