マリオテニスエース体験版やってみた感想。操作性抜群&かけ引きが楽しい良作の予感!

みなとです。

Nintendo Switchのマリオテニスエースが6月22日発売を控えていますが、6月1日〜3日に無料で先行体験できる「発売前先行オンライン大会」が開催されました。今回僕も体験してみましたので、そのレビューみたいな内容で書いていきたいと思います。

発売前先行オンライン大会とは?

6月1日18時00分〜6月3日23時59分までの期間限定で体験版が無料で遊べるイベントになります。Nintendo Switchとネット環境さえあれば、だれでもプレイ可能です。

体験版のメインはインターネットで実際に他人と戦うオンライン大会ですが、「大会」と呼ばれる所以は、トーナメント方式で勝ち上がっていくシステムです。32人のグループの中で優勝者を決める感じです。

事前に32人が決まっているのではなく、その都度自分と同じ回戦にいる人がマッチングする、という仕組みです。

負けたとしても、また1回戦目から何回もやり直すことができます。もし1回でも優勝すればシード権を獲得でき、次回以降は2回戦目からスタート出来ます。

試合に買ったりするとポイントが加算されていくのですが、最終的に集計され、Webでランキングが出るみたいですね。

もちろんコンピューターとの対戦も出来ますので、自信が無い方はまずコンピューターと対戦して慣れるのもありだと思います!

ちなみに、何回か優勝しました。笑

感想:今回のマリオテニスは良作の予感!

結論、思っていたよりマジで面白かったです。ではなぜ面白いのか?をポイントを絞って解説していきたいと思います。

①まず前作のWii Uのマリオテニスが微妙だったこと

一応僕はWii Uのマリオテニス経験者ですが、それと相対的に面白いというのがあります。前作はコンテンツ内容がスカスカで、ストーリーモードも無いし、キャラクターも歴代最少だし、マリオテニスのマンネリ感が前面に出てしまっていました。

それと比べると充実していて良かった、というのがまずありました。

②操作性が抜群!

今までのマリオテニスの基本的な操作スタイルは変わっていません。Aでトップスピン、Bでスライス、Yでフラット、そしてタメ打ちで勢いのあるショットが打てるので、経験者ならひとまずすぐに慣れるはずです。

上の写真はプロコンの場合の操作説明です(ちなみに、Wiiのようにjoy-conでを振って打つみたいな操作も可能)。

今まで見たことがないRの「ねらいうち」、R長押しの「加速」、Rスティックの「テクニカルショット」など、今作のキモとなるのがエナジーゲージを使ったアクションです。基本の操作に加え、このエナジーゲージを使ったアクションが今作をめちゃくちゃ面白くしているのだと思います。以下から詳しくご説明します。

③エナジーゲージを使ったアクションで、かけ引きが楽しい!

エナジーゲージは、画面左上(相手は右上)に表示されている丸いメーターです。これはラリーを続けることでためることが出来ますし、後に紹介するテクニカルショットでは大幅にためることが出来ます。

チャンスボールは落下点に星マークが出るのですが、エナジーゲージが3分の1以上たまっている時にRで発動。一瞬時が止まり、ジャイロでコースを指定してから打つことで、強力なショットをお見舞いできます。これをねらいうちと言います。

そして次は加速。相手にねらいうちをされたり、どうしてもボールに追いつけない場合に有効なディフェンス技です。Rを長押しすることで世界がスローモーションになり、取れないボールにも追いつくことが出来たり、早いボールにもタイミングを合わせて打ち返すことが可能です。Rを押している間はエナジーゲージが減っていきます。

次はテクニカルショット。Rスティックをボールの方へ倒すことで、キャラクターがアクロバティックにボールに飛びついて打ち返します。これはエナジーゲージを消費しませんが、成功すると大幅にエナジーゲージをためられます。

そして最後にスペシャルショット。なんとなくお分かりかと思いますが、エナジーゲージが満タンになるとLで発動できる超強力ショットです。まあ今までの作品で言う必殺技みたいなもんですかね。

これらのショットを使いこなすことによって、打ち合うだけでなくかけ引き要素を楽しめる内容になっています。

④新要素「ラケット破壊」でK.O.勝ちもできる!

エナジーゲージのすぐ下に、もう1つメーターがあるのはお気づきでしょうか?

これはラケットのライフポイントのようなもので、1本のラケットにつきライフポイントは3です。実は、試合のスタート時にはお互いに2本のラケットがあり、これが2本とも壊れるとその地点でK.O.負けになります。これはマリオテニスエースからの新ルールです。

ラケットがダメージを受けるタイミングは2つで、「ねらいうちを受けた時」と「スペシャルショットを受けた時」になります。ねらいうちはライフを1削られますが、スペシャルショットをまともに受けるとそのラケットは問答無用で破壊されてしまいます。

ラケットのダメージを防ぐ方法は、ギリギリまでボールを引きつけて打ち返すこと。しかし、ねらいうちやスペシャルショットは球が早すぎるため、タイミングを逃すと失敗する可能性が高いです。

そんな時活躍するのが、先ほどの「加速」です。加速を使えばスローモーションになりますので、タイミング良く打ち返せる確率が上がりますから、ラケットへのダメージをゼロにして返すことが出来るのです。

このように、「どこで加速を使うか」というのも重要ですし、「ラケット破壊のリスクを回避するためにわざとラケットを振らない」という一瞬の判断も、時には必要になります。

⑤コンテンツは充実してそう

さて話は少し変わりますが、Wii Uと比べるとコンテンツは充実してそうな感じはしますね。まずはキャラクター。

体験版ですでに9人。ワンワンがいるのは吹きましたが、その他良くわからないキャラクターもいます。スペース的に20人くらいいそうな感じはしますね。

そして対戦モードとは別に、ストーリーモードが存在しています。数々のミッションに挑みながら、キャラクターの成長などを楽しむモードです。これならオフラインでもプレイできそうですね。

まとめ

エナジーゲージやラケット破壊などでかけ引きを楽しむようになったことにより、確実に前作を上回る面白さになっていることは間違いなさそうで、体験版をちょっとプレイしただけでそれは確信に変わりました。

ただマリオテニスの特性上、やり込み要素は他ゲームと比べればそこまでなので、買っても1ヶ月くらいで飽きそうな感じもします。最初は絶対猛烈に楽しそうですが、長く続けるゲームではないのかな、と思いました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る