「プロスタッフ キイロビン」で車ガラスに付いた油膜取り!使い方も教えます

みなとです!

最近雨が多かったためか、車の窓ガラスが壊滅的に汚いことが判明。そこで、ひとまず窓ガラスを水を含んだファイバークロスで拭き取ったんですが、なんか汚いんですよね…

分かりますでしょうか?

これはフロントガラスの写真。表面のホコリや砂などは拭き取れましたが、その後にこんな感じで水滴が無数に残るんですよ。インターネットで調べてみると、どうやらこれは「油膜」と呼ばれる目に見えない汚れがガラスの表面に付着してしまっているから、のようです。僕は車に関しては全く知識がないので、それだけでも結構な発見でした笑。

で、この汚い油膜は専用の液体さえ買ってくれば自分で取れるようなので、早速オートバックスで「プロスタッフ キイロビン」という油膜取りを買ってきました。

こちらはオートバックスなどカー用品店で購入可能です。液だけではなくスポンジも必要なので、今回は両方セットになっているものを選びました。

なんとこれ30年以上に渡って販売されている有名な油膜取りらしいですね。今回の記事はこの「プロスタッフ キイロビン」の使い方や実際に使ってみた結果を書いていこうと思います。

僕のような車に関して初心者の方向けに、そもそも油膜とは?についてまずは触れようかなと思います。

窓ガラスに付く頑固な汚れ「油膜」とは?

「油膜」とは、油分が窓ガラスに付着して固まってしまったものを言います。油というとサラサラとしているイメージですが、ここで言う油はシリコン成分が多く含まれており、主に車の排気ガスによるものです。

シリコンを含んだ排気ガスが空気中に漂い、それが雨となって降水。晴れた際に水分だけが蒸発し、シリコンが太陽光などの熱で固形化してしまうと、油膜が形成されます。

水は集まろうとする性質がありますから、その油膜に集まってしまい、上の写真のように模様ができてしまうんですね。つまり、水の集まっている部分こそが油膜の部分である、と言えます。

油膜があると、雨の日でもなかなか水を弾いてくれませんので、視界が悪くなり事故のもとになる可能性があります。

先ほども書きましたが、この油膜は自分で簡単に落とすことが可能です。次から紹介していきます!

プロスタッフ キイロビンの使い方

①ガラスの汚れを拭き取る

いきなり油膜取りを行うのはNG。まずは水でガラスの汚れや砂などを拭き取ります。

その際使用したクロスはこちら。「マイクロファイバークロス」です。雑巾とかですと、拭いた後に糸の切れ端などが残ってしまうので、それが残らない化学繊維っぽいクロスが必要かと思います。

クロスに水を含ませ、まずは表面の汚れを拭き取ります。ご覧の通り油膜部分に水が集まって汚いですね。

②油膜取り液登場

さて、ここで油膜取り液の登場です。

まずはスポンジに水を含ませます。ただし、水気は多すぎると泡立ち?が微妙になるので、ほんの少しでいいと思います。シャンプーで水かけすぎると泡立たない現象と同じイメージです。また、バケツなどで水を近くに確保しておいた方が作業しやすかったですね。

スポンジの柔らかい方に液を垂らします。ぶっちゃけ量は適当なんですけど、ひとまず歯磨き粉に使う量くらいがちょうど良いかと思います。

③ひたすら磨く

あとはこのスポンジで、ひたすらガラスを磨きます。相手は油なので、一拭きでサッと取れるものではありません。同じ場所を30〜50往復くらい磨いてやっと取れる感じです。

結構力も必要ですので、是非男性の方にやって頂きたいです笑。

しかし、油膜と言っても透明なので、問題は「どういう状態が取れた状態か」と言うことだと思います。そこでこちらの写真をご覧ください。

油膜取り液集まっている部分と、そうでない部分がありますよね?油膜取り液が集まっている部分が油膜が残っている部分、油膜取り液が集まっていない部分が油膜が取れている部分になります。

こんな感じでどんどん磨いていきます。

これは後ろのガラスですね。これを見れば一目瞭然ですが、気持ちいいくらい取れますね。

④水で流して完了

最後に水で流します。ただ水をかけるだけでは油膜取り液が取れず白いのが残るので、先ほどのクロスで拭きながら洗い流すのがベストです。これで水を流しても一点に集まることなく、ピカピカになりました。作業時間としてはここまでで40分ほどでした。

さらにこだわるのであれば、ここで撥水のコーティングも塗っておきたいですね。

感想

僕は車に関しては全然疎かったんですけど、このように油膜の取り方について少し知るだけで車が綺麗になったので、当たり前ですけど「知らないことって多いなー」と思いました。

あとはこの油膜取り「プロスタッフ キイロビン」ですが、使い方が簡単で誰でもできるのが良いですね。効果も抜群なので、全く初めての方にも是非オススメです。何より僕が初めてだったので…笑

ご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る