iPadって必要性ある? iPad ProとiPad miniを買って1年間使った僕が解説します

みなとです!

タブレット端末が普及し、今ではスマホとタブレット両方持ちの方も増えて来ましたね。ドコモなんかのキャリアでは、シェアパックのようなプランもあり、手軽にタブレットを持つことができるようになりました。

一方で、「タブレットって必要なのか」問題が浮上していることも事実。単純にスマホやパソコンで事足りるんじゃないの?という意見も多いようです。

そんな風に考える方には信じられないかもしれませんが、僕はiPad ProとiPad miniを両方所持しています笑。そこで今回は、実際のところiPadを持って良かったのか、必要ないのか、そんなことを僕なりに考えて記事にしていこうと思います。

タブレットの購入、特にiPadのご購入をお考えの方は是非参考にしてみてください!

持っているのはiPad ProとiPad mini

iPad Pro(12.9インチ)

まずはこちら。要するにデカいiPadです。隣はiPhone8が置いてありますが、それと比較すると大きさが分かりやすいかと思います。12.9インチなので、スクリーンはノートパソコン並みです。

ちなみにSmart Keyboardや、

Apple Pencilといったアクセサリーも購入しています。iPad Proはアクセサリーがあってこそ、その力を発揮すると聞いたので。

iPad mini3

そして小さめのiPad mini。左隣にはiPhone8。非常に軽く、片手で簡単に持てるサイズの小型タブレットです。買った順番としては、こちらが先になります。

当初iPadを買った理由

僕が購入を決めた当初の理由を、買った順番に書いていきます。

iPad mini3

これはドコモで買ったCellularモデルになります。Cellularモデルでは、Wi-Fiに接続することなくどこでも通信ができます。

端末代としては数万円するのですが、キャリアで買うと割引サポートが付いてくるので、今の携帯料金+3,000円(端末代と通信量込み)くらいでした。支払い期間は2年間です。

購入をした理由は「月々3,000円でタブレットが持てる」というのが良いな、という点と、kindleを使って本読みをしようと思ったのがきっかけです。これ1台で何冊分も持ち歩くことができますからね。あとは単純にタブレットを持ってみたい、という欲もあったかと思います笑。

iPad Pro

「パソコンにも、タブレットにもなる」という部分が一番の決め手になります。しかもApple Pencilを使えばノート代わりにもなる点がとても良いと思い、購入しました。まさにキャッチフレーズの「すべてがもっとうまくできる。この一枚で。」が実現できると思いました。

Cellularモデルもありましたが、流石に外で通信するときはiPhoneやiPad miniで十分だと考えましたので、Wi-Fiモデルにしています。

実際のところiPadを買ってどうだったか?

さてここからが本題です。かれこれiPad Proは買って1年、iPad miniは2年以上経過しましたが、実際どうだったか。僕自身の経験から、「良かったこと」と「必要ないと感じたこと」をそれぞれまとめていきたいと思います!

iPadを持って良かったこと6つ

①お出かけ時に便利

Cellularモデルで外でも通信ができるように契約した場合のみですが、お出かけ時に超便利です。僕は旅行が趣味で結構遠出とかするんですけど、その時にiPadが大活躍します。

旅行中は写真を撮ったり、地図を使ったり、電車の乗り換え情報を調べたりと、何かとスマホを使うシーンが多いですよね。そうすると、電池の消費も早くなってしまいます。そんな時に通信ができるCellularモデルのiPadがあれば大変心強いです。スマホのバッテリーが切れたとしても、iPadで代用することができます。

②最先端のものに触れられる

人によってはあんまり響かないかもしれませんが、僕は結構新しいもの好きなところがあります。その時代の最先端のテクノロジーに触れるのが楽しく、何となくセンスが磨かれるような気がします。仕事柄、という部分もあるかもしれません。

同じものをずっと使い続ける、という精神も大切だとは思いますが、最先端で一流のモノに触れるという体験は貴重だと考えています。

③動画を見るとき快適

これは贅沢の極みですが、ソファーで寝転びながら動画を見るのが最高ですね。スマホでも可能ですが、やっぱり画面の大きさはタブレットには勝てません。

④読書が快適

iPad miniを買った理由の1つがこれです。kindleを早速入れ、通勤中などに読書をすることにしました。iPad Proはデカイので読書には向きませんが、iPad miniは小さくて軽いので、外出先での読書に最適です。1台で何冊も持ち運べるのは良い点ですね。音楽を入れておけば、音楽を楽しみながら読書ができるので最高です。

しかし、「本そのものが欲しい」と言う方には不向きかと思います。本って、買って本棚に入れていく過程も楽しいじゃないですか。そういう所有欲がある方には、電子書籍であるKindleでは満たされませんから、そのあたりは要検討ですね。

⑤カッコいい

もはやこれは自己満足の世界です笑。特にiPad Proのアクセサリーである、Smart KeyboardとApple Pencilはカッコいいです。スタバでドヤっていると逆にあれですが。

Smart Keyboardを使ってタイピングも可能。Bluetoothは使用せず、シームレスに接続ができます。まさにスマートです。

Apple PencilでiPad Proをノート代わりに。英語の勉強が捗ります。

⑥アプリの使い勝手が格段に良くなった

一部のアプリを使う時に、画面が大きくなったことで格段に使いやすく、見やすくなりました。その1つがマップのアプリです。画面が大きくなったことで、広範囲を映し出せるようになりました。

アマゾンのアプリも1画面で多くの商品を見ることが出来ますし、さらにiPad Proの場合は画面分割が出来ますので、2つのアプリを同時に使用できます。例えば、YouTubeを見ながらアマゾンで買い物をしたり、という具合です。

iPadを持つ必要がないと感じたこと2つ

①お金がかかる

これですよね。1,000円だったら誰でも買いますわ。iPad Proなんて10万円しますから、非常にお金がかかります。

救いようがあるのはCellularモデルで、ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアで購入すれば月々割引が付いてきます。その場合は端末代を全額負担することはありませんが、Wi-Fiモデルは端末代が丸ごとかかりますから、バカになりません。

②結局「パソコンやスマホで良いわ」ってなる

やっぱりこれは避けられません。スターバックスでブログの記事を書く時は、「Macbookで良いやって」なります。タイピングははるかにノートパソコンの方がやりやすいですし、ショートカットキーの操作などにもiPad Proでは慣れが必要で、ちょっと操作性も悪いです。

かつ、ちょっとインターネットで調べ物をする場合はやっぱりスマホの方が手軽です。わざわざ大きいタブレットを起動するまでもないです。近くのラーメン屋を探すとか、友達にLineを打つとか、ちょっとした動作にはやはりスマホが最適だと思います。

iPad(特にiPad Pro)は結局パソコンとスマホの間のような感じなので、だったら「パソコンやスマホで良いわ」ってなることが多いです。

「iPadは必要なのか?」の結論

僕の経験上、iPadは良いと感じることも、要らないと感じることもあります。したがって、「iPadを使ってこれがしたい!」という明確な目的があるなら活躍することは間違いなしですが、特に理由なく「何となく」欲しいと思うのならば、使わずに埃をかぶるのがオチかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る