【Apple Watch3】僕がセルラーモデルより、GPSモデルをオススメする理由

みなとです。最近はApple Watchのネタばかりで恐縮です笑。

2017年に販売開始されたApple Watch Series3ですが、迷いどころとしては「GPSモデル」か、「GPS+Cellularモデル(以下、セルラーモデル)」のどちらにしようか、という点ですよね。

僕もApple Watchを買う時にかなり迷ったのですが、色々調べて考えた結果、GPSモデルを選びました。この記事の結論から言いますと、「GPSモデルの方がオススメ」です。もちろん、あくまで僕の利用シーンを考えた場合ですので、セルラーモデルの方が合っている方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、「GPSモデルとセルラーモデルの違い」についてまとめ、そして「僕がGPSモデルをオススメする理由」という2本立てで記事を書いていきたいと思います。

GPSモデルとセルラーモデルの違い

Apple Watchはアルミ製が一般的ですが、中にはセラミックやステンレス製の特殊なタイプがあります。それらはディスプレイにサファイアが使われているなど、アルミ製とは多少異なる点がありますのでご注意下さい。

今回はセラミックやステンレス製のものは無視し、一般的なアルミタイプのものにおける、GPSモデルとセルラーモデルの違いについて書いていきますね。

Apple公式サイトを見てみる

違いは「容量」「裏蓋」そして「通信方式」です。あと、ここに載っていない違いとしては「価格」と「デザイン」ですね。セルラーモデルの方が9,000円(税別)高いです。デザインについては、デジタルクラウン(横の回すやつ)が赤色かそうでないかという違いがあります。

その他は全部同じ機能でした。

最大の違いは「単体での通信が出来るかどうか」

さてさて、両者の一番の違いは言わずと知れていますが、「単体での通信が出来るかどうか」です。要はセルラーモデルは、ソフトバンクなどのキャリアと契約をすることによって、Apple Watch単体で通信が可能。つまりApple Watchだけで電話が出来たり、メッセージを受信出来たり、音楽をストリーミング再生することが可能。これらがSeries3最大の売りでもあります。

これだけ聞くとセルラーモデルの方が良さそうに聞こえます。しかし、ここで見落としてはいけないことが、「GPSモデルでもiPhoneが近くにあれば(Bluetoothで接続されていれば)、セルラーモデル同等の機能が使えるという点」です。つまり、カバンの中にiPhoneがあれば、Apple Watchだけで電話が出来る、メッセージも受信出来るのです。iPhoneの情報をApple Watchに「転送」している、というイメージです。

僕がGPSモデルをオススメする理由2つ

という訳で、GPSモデルとセルラーモデルを色々と見比べてみたんですが、結局僕が買ったのはGPSモデルです。その理由は大きく2つ。

①iPhoneが近くにあれば、セルラーモデル同等だから

先述しましたが、これが最大の理由。iPhoneを持ち歩かないことは滅多にないので、GPSモデルで十分だと考えました。逆に、iPhoneを持って行かない(持って行きたくない)時ってどんな時かを考えてみました。

パッと思ったのが、やはりランニングなどの運動時。ジムは室内なので近くに置いておけば問題ないかもしれません。ただ屋外でランニングする時にiPhoneはちょっと邪魔。ポケットが若干重くて気になるかもしれません。そんな時に、やはりセルラーモデルが大活躍しそうです。

しかし、そもそも外でランニング時に電話着信や受信メッセージを即座に確認する必要性はあるのか?と言うとどうでしょう?フルマラソンを走るのなら話は別ですが、僕の場合、走ると言ってもせいぜい30分くらいなので、別にセルラーモデルは要らないかな、って思いました。と言うか、僕はランニング中のiPhoneの重さは気にならないので、iPhoneは持って行きます。そういう方はGPSモデルで十分だと言えます。

もしこの点で迷われている方がいらっしゃれば、iPhoneをポケットに入れて一度ランニングしてみてはどうでしょうか?もし特に気にならないようでしたら、GPSモデルで良いと考えます。

ちなみにGPSモデルでは、iPhone無しでも当然GPS機能が使えるので、例えば経路記録も可能です。

上図はiPhoneのアプリ「アクティビティ」のキャプチャー画像です。アクティビティので使える機能に、GPSモデルとセルラーモデルとで差はありません。

上図は、iPhoneを家に置いてきた状態でランニング中の、Apple Watchのキャプチャー画面です。時刻の左隣には赤い斜め線が入ったスマホのマークがありますが、「こちらはiPhoneが遠くにあるので繋がっていない」ことを表します。ですが、予めApple Watchの中に音楽を入れておけば、Apple Watch単体でも音楽を聴けますよ。

ここまでをまとめますと、「GPSモデルでもiPhoneを一緒に持ち歩けば、セルラーモデル同様に通信が可能。持ち歩かなければ通信は出来ないが、ランニング時に便利なGPS機能や音楽再生機能はApple Watch単体で使える」という事になります。

よってセルラーモデルがピッタリな方は長期間運動するアスリート、または水泳やサーフィンなどiPhoneを持って行けないスポーツを行う方でしょう。僕はもちろんそうでは無いので、GPSモデルで十分と判断しました。

②支払うお金は間違いなく安く済むから

あとはお金の問題ですかね。セルラーモデルは9,000円高くなるのに加え、キャリア契約を行うと月額350円必要になります。たったそれだけと思うか、高いと思うかは人それぞれですが、僕は大して使わないと思われるのに350円の契約は必要ないと考えました。

まとめ

いかがでしたか?こんな理由で僕はGPSモデルを選択しましたが、もちろん用途によってはセルラーモデルが合っている方もいらっしゃると思います。選ぶポイントは、Apple Watchの利用シーンを踏まえる事だと思います!ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る