【ブレスオブザワイルド】追加コンテンツ第2弾”英傑たちの詩”の内容とプレイ感想

みなとです!

いよいよ「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」の第2弾コンテンツ「英傑たちの詩」が配信開始となりました。待ち遠しかったファンもいらっしゃるのではないでしょうか?僕もその1人です。

ほとんど詳細が分からないまま、「2017年冬」と明かされていただけだったので、いきなりの配信開始に驚きましたね笑。

早速配信開始日にダウンロードして少しプレイしました。まだ全てのチャレンジをクリアしたわけではなく、ほんのさわりだけです。今回は第2弾の内容と、プレイした感想を、ネタバレは極力抑えて(でも少しありますので、内容をちょっと見てみて追加コンテンツの購入を検討したいという方にはオススメです。攻略は一切書いていません)書いていこうと思います!

※もし第1弾の内容や、追加コンテンツを初めてダウンロードする時の方法を知りたいという場合は、こちらの記事をご覧ください。

みなとです! 「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」は、僕がスイッチを購入したときに最初にプレイしたソフトになります。昔からのゼルダフ...

上記の記事でもお伝えしておりますが、追加コンテンツは「第1弾と第2弾を含んで2,500円」ですから、くれぐれも2回買わないようにして下さいね(そんな人居ないかもしれませんが、僕は最初勘違いしていたので…汗)。

第2弾:「英傑たちの詩」の内容は?

第2弾のコンテンツ内容は大きく3つあります。

①メインチャレンジ:英傑たちの詩

メインチャレンジとして追加され、オリジナルストーリーと新ダンジョンがプレイできます。英傑たちにまつわる詩(バラッド)をヒントに、各地に現れる試練をこなしていくと、各英傑たちの過去のストーリーが見られます。ゼルダも登場しますので、彼女の過去にも触れられるストーリーとなっています。

②サブチャレンジ:宝探しで見つける装備品9点

これは第1弾でもあった内容で、過去のゼルダシリーズで登場するリンクの装備品や、キャラクターの装備品が手に入るチャレンジです。具体的な装備品はNintendo公式HPでも公開されていますので言いますが、第1弾では「ムジュラの仮面」「ミドナの兜」などがありましたが、第2弾では「ザントの兜」「青いエビシャツ(風のタクトでリンクが来ていた服)」など、ゼルダファンにとっては嬉しく懐かしいものばかりです。

馬宿にあるヒントを頼りに、ハイラル各地に隠された宝箱を探していくことで、それらのアイテムを入手していきます。

③サブチャレンジ:古代の馬具

これもNintendo公式HPにて公開されていますが、馬の装備品です。それを身に付けさせると、ハイラルのどこにいても(海など物理的に馬が来れない場所は除く)馬を呼び寄せることができます。

馬を呼ぶにはある程度近くにいないとダメでしたし、馬宿でいちいち呼び戻す必要がありましたので、正直馬を使って来なかったですが、これは便利ですね!

第2弾のダウンロード方法

もし追加コンテンツ自体をこれから購入する、という方は、以下の記事をご覧ください。

みなとです! 「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」は、僕がスイッチを購入したときに最初にプレイしたソフトになります。昔からのゼルダフ...

ここでは第1弾が既にインストールされている状態において、第2弾をダウンロードする方法を紹介します。

ホームボタンを押し、プラス(+)を押すと、以下のようなメニューが出て来ます。既に追加コンテンツを購入済みの場合は、「ソフトの更新」を選択するとダウンロードが始まります。ダウンロードが完了すると、一旦ゲームを終了し、インストールする、という流れです。案内に沿ってやれば簡単です。時間的には10〜15分くらいでできました。

実際にプレイしてみた感想(若干ネタバレあり)

全部はまだプレイしていないのですが、さわりだけプレイしましたので、出来るだけネタバレをしないように感想を書いていきます!(※とは言え若干あります!全く内容を知りたくないという方はオススメしませんが、少し見てみて追加コンテンツの購入検討をしたい、くらいの方にオススメです。もちろん攻略は一切書いていません

英傑たちの詩

第2弾コンテンツをインストールし、データをロードして始めると、天からゼルダの声がし、「回生の祠へ行きなさい」と指示されます。何かしらの試練が待ち受けているそうです。ただし、各神獣をクリアしてからでないと遊べないようですね。

回生の祠には、謎の武器がありました。これを手にすると試練が始まるとのこと。回生の祠には、初めてプレイして以来、多分行っていなかったので懐かしかったです。中にコログが居てビビりました笑。

さて、この謎の武器を手にした瞬間、ハイラルが薄い霧に包まれます。BGMがとたんに「迷いの森」のBGMに変わり、何だか物々しい雰囲気に。

そして衝撃なのが、ハートが残り4分の1にまで減ってしまいました。1撃食らったらゲームオーバーという過酷な条件のもと、試練が始まります。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、何回もゲームオーバーになりました…。第1弾では武器や防具無しという縛り、今回はハートの縛りと、結構鬼畜な内容ですね。立ち回りが重要になってきます。

試練の途中では新たな祠も登場。ハートが無いという条件なので難しいのに加え、今までの祠に比べギミックの難易度も上がっています。一筋縄では多分いかないと思います。

若干ネタバレですが、祠の中。

なんだかんだで試練をクリア。結構時間がかかりました。すると突然武器が光だし、ハイラル各地に謎の物体が姿を現しました。

謎の物体は全部で4つ。神獣の数と関係がありそうです。するとメインチャレンジが更新され、次はこの各地の物体に行かなくてはいけないようです。

場所についてはマップに表示されるので、まずはラネール地方に行ってみることにしました。

すると、カッシーワと遭遇。なんだかんだで重要キャラクターですね。英傑にまつわる詩を教えてくれます。

柱が3本ありますが、それぞれにマップが。よく見ると、黄色い丸のポイントがあります。これらに行けってことでしょうか?先は長そうですね…。

話が飛びますが、最終的に神獣に乗り込むことになります。ここからは買ってからのお楽しみです。クリアすることで手に入る能力もあります。

目玉の1つは、英傑たちの過去のストーリーが見られる点。これもお楽しみです。

まだミファー編しかプレイしていませんが、新たなダンジョンや、過去の英傑のストーリーが見れて大変楽しめる内容でした。皆さんがもしガノンを倒して、ある程度祠を回っているのであれば、リンクの能力は「怖いもの無し」くらいのものになっているかと思います。しかしこの「英傑たちの詩」では、敵が強くなっているのではなく、ハートの縛りやギミックの難易度が上がったことで、難しくなった感じがしました。なので、プレイに慣れてしまっている方でも楽しめるのではないか、と思います!

ちなみにバイクのような乗り物に乗っているリンクの画像が公開されていますが、今のところそれらしきものは出てきません。これからですかね〜。非常に楽しみです。

宝探しで見つける装備品9点

先ほども書きましたが、この内容は第1弾でも同じ。各地に散らばる宝箱を、サブチャレンジの冒険手帳のヒントを頼りに探していく感じです。今までのゼルダシリーズで出てくるものが登場しますので、プレイしていない方には微妙かもしれませんが、生粋のゼルダファンには嬉しい内容だと思います。

ちなみに装備品はとりわけ強い訳でもありませんので、完全に昔ながらのゼルダファン向けの内容になっていますね。

中には新しい装備品もありました。宝箱を探索するのが面白いかもしれませんね。手に入るど装備品一覧については、 Nintendo公式HPをご覧ください。

古代の馬具

Nintendo公式HPでも公開していますし、ネタバレも何もないですが、馬に装備させるとどこにいても呼び寄せる馬具です。手に入れるには、これまたサブチャレンジの冒険手帳をヒントにハイラル各地を探します。

「呼び寄せるって言っても、遠くにいたら走ってくるのに時間がかかるのでは?」と思いましたが、まさかのワープ笑。そりゃそうか。

今までは遠くにいたら呼べなかったので、馬はあまり使って来なかったのですが、これで多用することになりそうです。

まとめ:追加コンテンツは買う価値があるか?

結論から言うと「あり」だと思います。英傑たちの詩のミファー編だけで結構なボリュームですから、これがあとダルケル、ウルボザ、リーバルと続くとなると、かなり楽しめそうです。それに加えて第1弾「試練の覇者」も遊べる訳なので、価格以上だと思いますよ。

先ほども書きましたが、ガノン戦まで終えている方は、リンクの能力はかなり高いはず。敵の弱さに飽きてきた方も多いかと思います。しかし、この追加コンテンツは、第1弾、第2弾ともに体力や装備品の「縛り」が発生したり、ギミック自体の難易度が高くなっているため、ある程度慣れた方でも十分楽しめるかと思います。

参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る