ドラクエビルダーズ2は面白い?ドラクエ&マインクラフト未経験でも超楽しめそうな予感!

みなとです!

クリスマス・年末年始とだけあって、色々と面白そうなゲームが発売されていますね。先日スマブラのレビューをやったばかりですが、またもや買ってしまったゲームがあるので紹介します。それが、「ドラゴンクエストビルダーズ2」になります。

実は僕、2年ほど前に初代ビルダーズはおろか、RPGのドラクエ自体を今までやったことがなく、スライムくらいしか分からないほどの超初心者です。そしてマインクラフト的なゲームもプレイしたことはありません。そんなド素人が初めてプレイしてみたのですが、結構面白いんですよ!まだまだ序盤なんですが、時間を忘れてプレイしてしまうほどです。

今回はそんなことを解説できたらと思います。

ドラゴンクエストビルダーズ2ってどんなゲーム?

基本的には3つ。①フィールドを探索して「素材を集める」、②集めた素材で「アイテムを作る」、③作ったアイテムで「建物を建てる」。このステップの繰り返しで、自分や仲間、そしてフィールドのレベルを上げながら街を築いていくゲーム。

とりあえず今のところ分かるのはこれくらいで、ストーリも始まったばかり。モンスターもちょくちょく出てきましたが、真の目的はいずれ分かってくるかなと思います。

ちなみに、本作は「Nintendo Switch版」と「Play Station4版」とがあります。僕はゲーム本体を両方持っているんですが、「Nintendo Switch版」を購入しました。Nintendo Switchは携帯プレイとテレビモードの両方ができるという点で最高なので、こちらを選びました。Nintendo Switch版の方が300円くらい高かったです。笑

実際にプレイしてみた。最初の触りだけ紹介!

さて、ドラクエもマインクラフトもやったことがない奴が実際にプレイしてみました。プレイ画面のキャプチャーを載せながら、最初の2〜3時間ほどプレイしてみた感じをレポートしていきたいと思います。

いきなり物々しいところからスタート。モンスターに捕らえられ、船で護送されているシーンから始まります。

初代ビルダーズとのストーリーの繋がりは無いみたいなので、2からのプレイでも問題ないようです。ただし初代からの引き継ぎ要素や特典などはありましたが、自分には関係ありません。

チュートリアルを交えながら、船が嵐に襲われて謎の無人島に漂着しました。タイトルは「破壊神シドーとからっぽの島」ですから、ここが舞台なのでしょうか。

無人島にいた人と行動を共にすることになります。人がいる時点で無人島ではないですね…。

インターネットに繋いで掲示板をのぞいてみると、他の人の作品が見られます。発売したばかりなのに皆さんやばいですね…。猛者です。

どうやら島はいくつか存在するようです。からっぽの島で結構広かったので、それがいくつもあるとなると、相当広大なフィールドの予感がします。

フィールドは基本的にブロックでできており、ハンマーなどで壊すことが可能。そしてそのブロックを使って部屋を作ることができます。部屋にする条件は、

・2段以上のブロックで囲まれていること
・ドアがあること
・ベッドがあること
・明かりがあること

とりあえずこれらを満たせば部屋としての機能を持たせることができます。

これで部屋の完成です。部屋を作ると寝室として使えたりしますし、仲間が入って活用するようになります。もちろん部屋の形や大きさは自由。

その他にも、カカシを置き、柵で囲うことで畑としての機能を持たせることができます。

このように、アイテムを使って土地に機能を持たせることで、仲間もそこを部屋や畑として認知します。そうすると仲間は部屋で眠ったり、畑で耕したりするようになるみたいです。

これだけ見ると、どうぶつの森を思わせるかなり平和なゲームの印象になってしまいますが、フィールドにはモンスターが存在しています。たまに拠点を襲ってくるので、戦って撃退する必要があります。せっかく作ったものや栽培したものも壊されることがあります。

モンスターを倒すと自分のレベルが上がっていき、作れるアイテムや武器が増えていきますから、より一層できることが広がります。

仲間とミッションをクリアしながら、どんどん街を大きくしていく感じです。

感想

ドラクエとマインクラフト未経験の素人なりの感想になります。

今までやったことがないジャンルで新鮮・面白い

マジで面白いです。

僕は今までこういうジャンルのものをやったことがありませんでした。どうぶつの森とかはありますが、そういうスローライフものと似ているようで全く違いますね。どういう街にするかは完全に自分次第なので、作っていてワクワクします。マインククラフトもそんなところが人気の理由なのかなと思います。

自由度が高く、工作が好きな人は絶対ハマる

僕は昔から地道に作るのが好きなタイプなので、そういう人は絶対にハマると思います。そして作るからには完璧主義なので、左右対称かどうかとか、見た目はイカしてるかとか、色合いやバランスとか、凝りだすと時間を忘れてしまいます。そういう意味で危険なゲームです。

逆に、そういうのが苦手・嫌いな方には向いていないゲームとも言えます。

街づくりとモンスターと戦う要素が上手く配合されている

平和なゲームではなく、ある程度モンスターとの戦いも交えてあるところが面白くしているポイントかなと思います。フィールドを探索するとスライムをはじめウジャウジャいますし、たまに拠点をモンスターが襲ってくることで、要塞のように防衛対策も考えておく必要があります。

Nintendo Switchの携帯モードの恩恵を存分に受けた

まあこれは半分個人的な話になりますが、僕が今までNintendo Switchでやってきたゲームと言えば、ゼルダの伝説、スプラトゥーン、スマブラ、マリオカートなど、携帯モードの小さい画面ではちょっと…というものばかりでした。

特にスマブラは操作が激しいし、スプラトゥーンに至ってはジャイロも使ったりするので、テレビモードでのプレイを基本としていました。そうすると長時間プレイは疲れてしまうんですよね。寝転びたいなと思ったりすることがありました。

しかし、ドラクエビルダーズは携帯モードでも十分なので、寝転びながらプレイすると快適です。そういう意味で、初めて携帯モードの恩恵を得られたかもしれません。

最後に

いかがでしたか?ドラクエやマインクラフトをプレイしたことがない僕でも結構ハマってしまいました。時間泥棒確定のゲームかと思います。

もし購入するか迷われている方は、無料体験版もダウンロードできますから、そちらから試してみるのも良いかなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る