HDMIのハブにおすすめ!DorrosのHDMI分配器はリモコン付きで切り替えが楽

みなとです。

最近直面しているものにコードぐちゃぐちゃ問題があります。我が家では、スマホ、ワイヤレスイヤホン、ゲーム、スマートスピーカーなど、あらゆるガジェットが溢れて配線が複雑になっています。

特にテレビ周り。テレビに繋ぐHDMIケーブルは、今だとNintend Switch、PS4、ChromeCastと3つ存在し、映像を切り替えるごとにHDMIケーブルを抜き差ししているので非常にストレスです。

そんな中、会社の方にリモコン一つで映像出力を切り替えることができるDorrosのHDMI分配器を勧められましたので、実際に取り付けてみました。非常に楽になりましたのでここで紹介させていただきます。

HDMI分配器とは?

本来、ゲーム機などのHDMI端子でテレビに映像を出力するにはゲーム機本体とテレビをHDMIケーブルで繋ぐ必要があります。が、Nintendo SwitchとPS4など、複数のデバイスがある場合はプレイするゲーム機を変えるごとにケーブルを抜き差しする必要があります。これが面倒臭い。

HDMI分配器は、テレビからまずHDMI分配器に繋ぎます。HDMI分配器には複数の出力がありますので、それぞれ各デバイスに接続することで、HDMIケーブルの抜き差しが一切無くなるというもの。

多分だいぶ昔からあったんでしょうが、僕は恥ずかしながら最近存在を知りました。笑

HDMI分配器の選び方

「出力の数」「自動認識かどうか」「リモコン付きかどうか」で判断だと思います。

自動認識とは、デバイスのスイッチを入れた瞬間に自動で出力が切り替わる機能のことです。リモコンは、手動で出力を切り替える際、HDMI分配器を直接触らずリモートで切り替えるものです。リモコンが無ければ、HDMI分配器を直接操作する必要があるので若干面倒です。

DorrosのHDMI分配器を買ってセッティングしてみた

Amazonで注文。パッケージはこちらです。割と大きかったです。

4Kにも対応。

同梱物についてはこんな感じです。

左上から順に、「説明書」「リモコン」「HDMI分配器本体」「HDMI分配器の電源」「リモコン用のアンテナ」となります。

本体はこちら。出力数は5つのものを買いました。

側面にはHDMIケーブルを接続するところがあります。手前側面の真ん中に「OUTPUT」がありますが、こちらがテレビと繋ぐ部分。

ここで勘の良い方はお気づきかと思いますが、テレビとHDMI分配器を繋ぐHDMIケーブルが別途必要となりますのでご注意ください。

反対側の側面です。

横には2つ穴が。

「MIRCO 5V」はHDMI分配器の電源ケーブルの接続です。「IR」はリモコンアンテナ用のケーブルとなります。

ちなみに、説明書は日本語訳がおかしいです。

実際にセッティングしてみました。コードの数自体が減る訳ではないのでかなり見た目は乱線しています。

感想

一言で言えば非常に楽になりました。ただコードが増えるので、見た目スッキリさせたいという目的であれば不向きですが、HDMIコードの抜き差しの手間を減らしたいという方にはおすすめできる商品だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る