アップル信者が、今まで買ったアップル製品20個を全部まとめてレビューする。

みなとです!

僕は昔からアップル製品が好きで、iMacやiPadはもちろん、AirPodsやApple Pencilなどのアクセサリも無駄に購入しています。何故好きか?と言われても困るんですけど、影響は父親だと思っています。実家のパソコンがMacだったので、「パソコン=アップル」というイメージが物心ついたときからありました。

アップル信者じゃない人からすると、アップル信者に対して変なイメージを持っている方が多いと聞きます。その証拠に検索エンジンで「アップル信者」と検索すると、「バカ」「きもい」「うざい」というサジェストキーワードが出てきますからね…。スタバであれもこれもアップル製品を身に付けてドヤっていると、まぁ確かに気持ち悪いかもしれません笑。

僕が今まで買ってきたアップル製品は数知れず。そこで今回はそれらを全てレビューしたいと思います。買ったものを時系列順に買いていきます。

今まで買ったアップル製品まとめ&レビュー(時系列順)

並べると自分でも引くくらい買いすぎなことが分かります、、、

iPod nano(第4世代)

実は結構前に洗濯機にかけてしまいまして、実物は廃棄処分してしまいました笑。

これを買ったのは高校生のとき。iPodと言えば白色か銀色の味気ないデザイン、というイメージでしたが、見事にそれを覆してくれました。カラーバリエーションが豊富でデザインもスタイリッシュでオシャレ。持っているだけで学校では人気者になったような気がします笑。

でも操作性はそれまでのiPodとほぼ同じだったので、デザインを除けばとりわけ珍しさはなかった印象です。あとは軽くなったので持ち運びが楽になったくらいですかね。

iPod touch(第4世代)

iPod nanoが壊れたので、次に買ったiPodになります。

画面をタッチして操作する」ということに初めて触れたのはこのiPod touchで、その時は操作性に衝撃を受けました。スマホもまだ持っていない時期でしたからね。

さらにiPodながら、Wi-Fiを繋げばネットが利用できる上、カメラやアプリなどで色々な機能がついた音楽再生プレーヤーに感動した記憶があります。大学生のときは毎日携帯し、音楽を聞いていました。

背面が金属になっており、鏡のように写るデザインも気に入っています。

ただし、今となってはコンセントや車のシュガーソケットに直接繋がないと電源が入らない状態になってしまったので、ずっと車に放置しています。一応現役です笑。多分暑い車の中に放置したことで、中のバッテリーがイカれちゃったんだと思います。

iPhone 5s

僕が最初に買ったiPhoneになります。iPhoneの中では小さめのサイズながら、その機能は充実しています。とくにこの機種から加わったTouch ID(指紋認識)には感動を覚えました。まあ使っていなかったですけど笑。

僕が気に入っていた部分の一つはやっぱりサイズ。カバーを付けていてもポケットにスッポリ入るちょうどいい大きさで良かったです。そりゃあ今のiPhoneに比べたら機能は見劣りしますが、当時は最高だと思いました。

EarPods

iPhone5以降のiPhoneやiPodを買った場合にはもれなく同封されているEarPods。みんな使っているので、いまいちその凄さが埋没していますが、これもアップルのテクノロジーがつまった一品です。純正だけあってb

その1つがリモコン。右側の耳に付ける部分の10cmほど下に付いていますが、端末を操作することなく、音量調整、曲の停止と再生、曲のスキップ、Siriの使用などが可能。さらにはマイク機能も付いており、電話もiPhoneを口元に近づけることなく通話できます。今なお使用している方が多いのがこのEarPodsですね。根強い人気です。

iMac(21.5インチ)

社会人になって「デスクトップが欲しいな」と思ったので買いました。今のiMacはRetinaディスプレイ対応ですが、これはその前のものです。今もバリバリ現役です。

僕は特に高度なことをやる訳ではなく、せいぜいブログを買いたりOfficeを使って仕事をするだけなので、スペック的には特に問題ないです。当時はそこまで気にならなかったですが、立ち上がり速度は若干遅めですね。立ち上がってもブラウザが開くまで1分はかかります。仕事場で使うWindowsは起動が早いので、最近のパソコンと比較すると、どうしても見劣りします。

とは言え性能は問題ないですし、見た目もオシャレなので気に入っています。壊れない限りは買い替えは考えていません。

Magic Keyboard(ワイヤレス)

iMac付属の純正ワイヤレスキーボードです。今は充電式ですが、当時は電池式でした。ただ半年くらいは持ちます。ワイヤレスなので、コードが絡むストレスは感じません

しかし打ち心地は正直微妙で、「バチっ」という音がちょっと高級感がない気がしました。デザインを重視しているためか、ストローク量が少なめの設計。したがって押した時の抵抗が大きく長時間のタイピングでは疲れやすいです。さらにテンキーがないため、入力面でも仕事やブログ書きにはちょっと不向きでしたね。

Magic Mouse

こちらもiMacについてくる、純正のワイヤレスマウスです。今も現役で、かなり重宝している一品です。

洗練されていて無駄のないデザインですが、機能がかなり豊富なことが一番気に入っている点です。1本指から4本指までのジェスチャーに反応し、「戻る/進む」「デスクトップ移動」「スクロール」「左/右クリック」「Launchの起動」など、自由自在に操作可能。

欠点を強いて挙げるなら、腱鞘炎になりやすいかも、という点です。平べったいため、腕の基本姿勢に負担がかかるのと、クリックが少々力がいるためです。

Apple USB SuperDrive

iMacにはCDドライブがありませんから、CDをiTunesに取り込んだり、DVDを見たりするには別売りのCDドライブを買う必要がありましたので、iMacと合わせて購入しました。それだけの機能なので、正直レビューすることもないですが、強いて言うならコードの長さをもう少し長くして欲しかったかな…。

Macbook Air(13インチ)

外でパソコンを触る機会が増えてきたので、持ち運びしやすく使いやすいもの、ということで、Macbook Airを選びました。非常に軽いので、片手ですっと持っていけるのが大変ありがたいですね。

先述した通り、僕はパソコンでブログを書いたりOfficeを使って仕事をするくらいしか使わないので、性能は問いません。もちろんProとかと比べたら処理速度は遅いですが、それでも十分過ぎるほどです。

将来はこれを片手に世界を旅しながら仕事してみたいですね…。

Apple Thunderbolt – ギガビットEthernetアダプタ

これはLANケーブルとiMacやMacbook Airのサンダーボルト端子を繋ぐアダプタになります。なぜこれを買ったかと言うと、実家のWi-Fi環境が遅過ぎるためです笑。繋ぐだけで設定等は必要ありませんから、出張先のホテルや漫画喫茶などで案外活躍します。

Magic Keyboard(テンキー付き)

先ほど紹介したワイヤレスのキーボードがちょっと微妙だったので、有線接続ですがテンキーのあるので購入しました。重量感がありずっしりしていますから、タイプした時の安定感が良かったです。

ただこのキーボードもデザインを意識するあまりか、指や腕へのストレスは結構大きいのでブロガーさんにはオススメしません。ちょっとだけネットサーフィンするくらいなら問題ないと思いますが。

Magic Trackpad 2

これはiMacやMacbook AirなどのパソコンにBluetoothで接続することで、マウス操作がタッチでできるというもの。Magic Mouseの機能は全て網羅されていますし、左/右クリックもできます。さらにMagic Mouseで対応していないタップ操作も可能ですので、手へのストレスが軽減されます。これがあればマウスは必要ありません。

充電式で見た目がスタイリッシュ。一見何か分からないくらい無駄がないデザインですね。

少し応用として、Magic MouseとMagic Trackpad 2を両方接続し、右手でMagic Mouse、左手でMagic Trackpad 2を使うという方法もあります。スクロールしながらカーソルを動かす、みたいなこともできます。いつ使うのか知らないですが笑。

iPad mini 3

iPadにも手を出し始めました。大きさが分かりにくいので、隣にMagic Mouseを並べています。

買った目的は、っっbです。Kindleを入れて電子書籍を持ち運んでいます。さらに携帯キャリア会社で買ったので、iPhoneと回線をシェアし、どこでも通信ができるようにしています。それが便利なのは旅行の時。旅行中は写真やマップなど、スマホを使うシーンが多く電池の消耗がいつもより早いですよね。そんなときに大活躍しました。大変心強い旅の共でした。

しかし、それ以外で使うシーンはありませんでしたので、2年で回線を解約する結果に。今は家でYouTubeを見るだけの端末になってしまっています笑。

Smart Cover

iPad mini 3を購入したときに必要なのがカバー。そこで純正のSmart Coverを購入しました。磁石でiPadにくっつくので、付け替えが簡単。強力なものなので、重力で落ちることはありません。

さらに個人的に高評価なのが、カバーを開ければ自動的にスリープから復帰し、逆にカバーを閉じればスリープになるという、純正ならではの機能。地味ですが、地味に便利です。

ただし、このカバーは表面だけで、背面は全くの無防備。頭隠して尻隠さず状態で、落としたら確実にまずいです。カバー自体は純正でなくでもいくらでもありますが、このSmart Coverを表面に付けた場合、iPadのフレーム部分(磁石でくっ付く部分)が覆われてしまいます。従って、「Smart Cover + 純正でない背面のカバー」の組み合わせが不可能です。

したがって、Smart Coverを使用する場合は背面も純正のカバーを購入しなければいけないという、上手い商売が垣間見えます。

iPad Pro(12.9インチ)

なんで買ったの?と聞かれても困るのですが、完全に興味本意です。ただ興味本位で買えるような金額ではありません。

一番興味があったのは、Smart Keyboardによる「パソコンとしても使えるiPad」です。イメージとしてはWindowsのSurfaceのように、タブレットとしても使えますし、パソコンっぽくも使えるというカッコ良さに惹かれたこともあります。

ソファーに寝転びながらYouTubeを見ている時が、最も「買って良かった」と思える瞬間です。画面もデカイですからね。Macbook Airとほぼ同じです。

ただし、パソコンとして使うなら「Macbookでいいや」ってなりますし、タブレットとして使うなら「iPhoneでいいや」ってなりますので、実際あんまり活用シーンがないです。パソコンとしても確かに使えますが、やはりパソコンには操作性では劣ります。Officeも別で契約しないといけないこともネックです。

iPad Proが本領を発揮するのは、下記から続くアクセサリと使った場合だと思います。iPad Pro単体では正直必要ないと思います。

Smart Keyboard

iPad Proと磁石だけでシームレスに接続可能。さらにはカバーにもなります。キーボードの配列としては米国仕様。最近日本仕様のものも発売されたようです。先に出せよ…って思いますが笑。

キーボードの打音は「パタパタ」と言う感じで、打ち心地はやっぱり悪いです。慣れるまでは結構タイプミスします。

キーボードの表面は一枚の革になっているので、ゴミなどが入る心配はありません。清潔感は常に保てるかと思います。

これも先ほどのiPad miniのSmart Coverと同じで、あくまで表面をカバーしている状態なので、背面は無防備です。その状態でもし落としたらシャレになりませんので、背面もカバーが必須です。となると、背面も純正のものが必要になってきます。それが下記です。

12.9インチiPad Pro用シリコーンケース

オシャレなんですけど、これで1万円ですからね…。アップル信者は辛いです笑。でもその価値はありだと思います。外側はシリコン素材で触り心地が気に入っています

内側です。触った感じはフェルト?のような素材で滑らかです。高級感があります。

ところで、左のフレーム部分(写真で言うとの左下部分)が無いのがお分かりでしょうか?この部分がSmart KeyboadがiPad Proと接する部分になりますから、わざと空けているんですね。

純正のカバーでなければ、当然ここのスペースが無いわけなので、Smart Keyboardとの併用が出来ない、といった具合になります。Smart Keyboardは約2万円なので、これと合わせ3万円。半端ないです。

Apple Pencil

iPad Proと共に登場したのが、このApple Pencil。まるで紙の上に書くように滑らかで、筆圧の強さ、ペンの傾きや動かす速さなどをしっかり認識します。まさにアップルのテクノロジーを凝縮した感じですね。

これと合わせて使用することで、iPad Proの本来の力を発揮することができます。特にクリエイターさんなどは重宝すると思いますね。僕はクリエイターではないので、英語の勉強をする際のノート代わりに使っています。これで1万円なので、iPad Pro関連に軽く15万円かけたことになります。笑えないですね。

AirPods

未だ品薄の人気を誇るAirPods。Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンです。もちろんアップル製品以外にも使用可能ですが、アップル製品と連携することで多彩な機能が使えますので、オススメです。

通勤時間などほぼ毎日使用していますが、ストレスフリーな使い心地に大変満足しています。特に気に入っているのはフタを開けるだけでシームレスにペアリングする点です。取り出して耳に付けるだけです。

さらにAirPodsを耳に付けた状態でダブルタップすれば、音楽の再生/一時停止が可能です。設定によってはSiriを立ち上げたりすることも可能。

先端にはマイクも付いており、通話もスムーズな点も気に入っています。

AirPodsの詳しいレビューは以下にまとめています。

みなとです! 僕はいわゆる「Apple信者」なので、Appleの製品にはとことん手を出してきました。しかし、2016年12月に発売され...

iPhone 8

トリを飾るのはiPhone8。発売してから1ヶ月後に買いました。iPhone5sからの機種変更です。みんなiPhoneXを待っているのか知らないですが、iPhone8の売れ行きは良くないみたいですね。

僕が最も気に入っているのはデザインですかね。iPhone8からは背面もガラス。洗練された見た目になっています。以下はiPhone5sとの比較画像です。

あとは処理速度(タップした時の反応の速さ)が格段にアップしており、操作にタイムラグがなくなりました。これも嬉しいポイントです。

iPhone8の詳しいレビューは以下にまとめています。

みなとです! つい最近、iPhone5sからiPhone8に機種変更しました。 いやー、カッコ良いですね。特に気に入って...

最後に

今まで買ったアップル製品をズラーっと並べてみましたが、今までいくら使ったんだろう、、、という事はあまり考えないようにします。これからもアップルの製品には目を離せません!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る