岐阜市近くのオススメのスーパー銭湯3選!行った感想も徹底解説

みなとです。

僕の趣味の一つは銭湯であり、毎週土曜の夜には用事がない限り行くようにしています。今は愛知県に住んでいますが、1年前までは岐阜市周辺に住んでいたため、岐阜周辺の銭湯事情にも明るいです。

そこで今回は、僕が今でもよく行く岐阜市周辺のオススメスーパー銭湯を紹介したいと思います!行った感想レポートもかなり詳しく書いていくので、気になる方はどうぞ。

①喜多の湯(岐阜市六条 国道21号線沿い)

基本情報

【アクセス】

住所:〒500-8356 岐阜県岐阜市六条江東3-3-18
電話:058-274-1126

<車の場合>
岐大バイパス(国道21号線)沿い。岐南インターより大垣方面へ約4km
・各務原方面からは、信号「茜部中島」より西へ約50m先左折
・大垣方面からは、「六条江東2」交差点を右折し、1本目を左折

無料駐車場(約250台収容)完備

<公共交通機関の場合>
JR岐阜駅・名鉄岐阜駅下車
バスE13東鶉(ひがしうずら)行き、終点「東鶉」にて下車。徒歩約5分

【営業時間】
朝9時~深夜2時(最終受付:深夜1時、年中無休)

【入浴料金】
大人(中学生以上):平日600円、土日祝日700円
小人(小学生)  :全日300円
幼児(4歳以上) :全日150円
幼児(3歳以下) :無料

施設内レポート

かなり細かく書いていきます!

まず車で行く場合はアクセスが良好。21号線沿いにあるが、大垣方面から来る場合は右手にあるため、手前の交差点で右折しておくとよいでしょう。駐車場は250台分ありますが、休日の午後7時ごろがピークで、駐車するのに待つ場合もあります(と言っても10分くらい)。ピークは避けて夜6時頃に行くか、9時頃に行くのがオススメ。駐車場は立体駐車場のため、運転初心者はやや難易度が高いような気がしますね。

内装はとても綺麗です。普段銭湯に行かない方からすれば、スーパー銭湯ってあまり綺麗じゃ無いイメージがある方もいると思いますが、ここは綺麗なのでご安心を。施設は散髪屋や食事処、休憩コーナー、タイ式サロンなど充実しています。1階は受付と、食事処、岩盤浴スペースが中心。受付の隣には果実の状態からスムージーなどをその場で作ってくれるコーナーもあり、風呂上がりに飲んでいる方も結構います。

2階にはお風呂と休憩スペース、タイ式サロンがあります。階段があるが、エレベータもあるので体の不自由な方やお年寄りにもやさしい感じです。

さて、肝心のお風呂。内装は相変わらず綺麗。休日の7時あたりのピーク時に行くと、かなり人がいる印象です。洗面台?体を洗うスペースが埋まっている時もあるほど。シャンプーやリンスは完備されているが、そこまで良いものではないので、少し髪がガサつきます。気になる方は持参するといいでしょう。シャワーの水圧は強めですが、穴が大きめなため、当たっても痛くはありません。小さなお子さんでも大丈夫だと思います。

室内のお風呂は、水風呂、ジェットバス、白湯、シルク湯、回遊風呂など種類が多い印象です。サウナスペースは広く、25人くらい入れますが、それでもピーク時はパンパンの場合もあります。テレビ完備です。

喜多の湯は露天風呂スペースが広いことが特徴的だと思います。炭酸風呂はテレビがあり、温度が低めで長時間入っていられそうです。岩風呂は10畳分くらいで広い感じです。水素風呂は少し温度が低めですが、水素風呂とサウナの組み合わせで発汗効果が高まるらしいです。その他寝転ぶ場所や、釜風呂も完備。

風呂を上がると、休憩スペースで漫画を読むのが王道スタイルですよね(僕はそう思ってます笑)。漫画は充実していて、ワンピースやナルトなどの定番から少女漫画、ガンツなどのヤング漫画までラインナップ。テレビもあるから居心地は抜群。女性専用の休憩スペースもあります。フカフカのリクライニングチェアなので、仮眠もできます。貴重品の管理はしっかりしたいところです。1階に貴重品金庫はあります。

行ってみた感想

喜多の湯は施設内のサービス(特に休憩スペース)がピカイチで充実しており、敷地も広く「700円で1日中居られる娯楽施設」だと思います。追加料金はかかりますが、岩盤浴もセットにすれば最強です。好きなタイミングで岩盤浴やお風呂に入り、お腹がすけばご飯を食べ、漫画を読みながら眠くなったら昼寝。まさに贅沢で充実した休日になること間違いなしです!

唯一のマイナスポイントは「人が多い」こと。平日や深夜なら大丈夫ですが、休日の夜7〜8時頃は半端なく、運が悪ければ駐車できないわ、露天風呂は入るスペースないわ、漫画コーナーも座るとこないわで痛い目を見ることになるかも。訪れる時間だけは考えたいですね。

総評(5段階評価)

料金:    ☆☆☆
アクセス:  ☆☆☆
お風呂:   ☆☆☆☆☆
休憩スペース:☆☆☆☆☆
人混み:   ☆
雰囲気:   ☆☆☆☆
長時間滞在: ☆☆☆☆☆
全体:    ☆☆☆☆

②湯処 美濃里(羽島郡岐南町)

基本情報

【アクセス】

〒501-6018
岐阜県羽島郡岐南町下印食2-60-1

<車の場合>
国道21号線岐大バイパス徳田ICを降り、徳田1の信号を北へ約250m
みやまち4の信号を左折約150m

無料駐車場(約180台収容)完備

<公共交通機関の場合>
名鉄岐南駅下車徒歩約2分

【営業時間】
朝7時~深夜1時(最終受付:深夜24時、年中無休)

【入浴料金】
大人(中学生以上):平日580円、土日祝日680円
小人(4歳以上) :全日150円
幼児(3歳以下) :無料

施設内レポート

岐阜市と各務原市の間にある岐南町にあるスーパー銭湯です。21号線を降りてすぐなので、車でのアクセスは良好です。名鉄の駅(岐南駅)が徒歩2分なので、公共交通機関でのアクセスも優れていますね。駐車場は平面駐車場。ダイソーやマックスバリューがあるため、最悪そこも使えば喜多の湯のように停められないことはまずありません。

施設内は綺麗。1階には主に受付、食事処、岩盤浴があります。物産ショップ的なものも受付の近くにありますね。ここのお支払いスタイルは後払いで、まずは受付で入浴だけなのか、岩盤浴もつけるのかをスタッフに伝えるという感じです。受付を通るとすぐ右手にドクターフィッシュがタダで使えるスペースもあり、個人的にかなり評価が高いです笑。

階段を上がり2階に上がるとお風呂と休憩スペースがあります。エレベーターも完備だから体の不自由の方やお年寄りにもやさしいですね。

お風呂スペースに入ると、むわっとした空気が少し息苦しい印象です。ただ設備は綺麗で、床も独特の触感のタイルで妙に歩き心地が良いのが印象的ですね。シャンプーやリンスはガサガサになるので、気になる方は持参するのがおすすめ。シャワーは少し残念で、1回のプッシュで流れる時間が短すぎるので、ちょっと面倒くさかったです。

室内のお風呂の種類は気泡風呂、電気風呂、爽健の湯(マッサージ湯)、冷水風呂、涼水風呂、日替わり風呂。ポイントが高いのは、普通の水風呂よりも温かい涼水風呂です。水風呂が冷たくて苦手な方も、負担なく利用できそうですね。サウナスペースはテレビもありますが、やや狭く、15人くらいしか入れない感じです。そして、ちょっと熱めな気がします。

露天風呂は、岩風呂、炭酸風呂、釜風呂など充実。テレビもあります。ただ一つ一つのお風呂のサイズがやや小さい印象があり、5人もいればパンパンくらいですね。植物も整えてあり、雰囲気はとても良い感じで、リラックスできる空間でした。

風呂を出たところに休憩スペースが隣接しており、漫画コーナーも充実しています。そこまで混んでいた経験もなく、ゆったり過ごすことができました。リクライニングチェアはフカフカですが、所々破れているのがマイナスポイントでした。薄暗めになっているので、仮眠しやすかったです。

行ってみた感想

喜多の湯と同様に施設が充実していますが、そこまで混んでいないので落ち着けました。施設の外観や露天風呂などには、適度に植物などで装飾されており、施設全体がオシャレでリラックスできるような空間に仕上がっています。朝風呂サービス(朝7〜9時)もポイントの一つで、その場合安い金額で楽しむことができます。

ただマイナスポイントは敷地の狭さ。施設は喜多の湯に劣らないですが、全体的にぎゅうぎゅうなので、1日中ずっといると息苦しさを感じます。ただお風呂だけを楽しむならばオススメしたいスーパー銭湯です!

総評(5段階評価)

料金:    ☆☆☆☆
アクセス:  ☆☆☆☆
お風呂:   ☆☆☆☆
休憩スペース:☆☆☆
人混み:   ☆☆☆☆
雰囲気:   ☆☆☆☆☆
長時間滞在: ☆☆
全体:    ☆☆☆☆

美彩都 湯友楽(愛知県一宮市)

基本情報

【アクセス】

〒494-0001
愛知県一宮市開明字神明郭5番地

<車の場合>
岐阜方面からの場合、県道14号線西尾張中央道を南下し、開明の信号を右折し約250m

無料駐車場(約270台収容)完備

<公共交通機関の場合>
名鉄開明駅下車徒歩約10分

【営業時間】
朝9時~深夜0時(最終受付:深夜23時30分、年中無休)

【入浴料金】
大人(中学生以上):平日400円、土日祝日450円
小人(小学生)  :平日200円、土日祝日250円
幼児       :平日100円、土日祝日150円

施設内レポート

駐車場は広いですが、警備員はおらずきちんと整理されていない印象です。端の方はどこが線なのか分からないので、結構雑に停まっている車もよく見かけました。混雑することはあまりなく、停められないことはほぼないです。外観は近代的とは言えないが、最近リニューアルしたようで施設内は綺麗でした。

入るとすぐ受付があり、券売機で入浴券を買って受付に出すしくみです。スーパー銭湯の相場よりかなり安い価格でまず驚きました。2階はなく、1階に受付、食事処、岩盤浴、休憩スペース、サロン、そしてお風呂があります。早速のマイナスポイントは岩盤浴を利用しないと休憩スペースが使えず、漫画が読めないことでした。この料金だから仕方ないか…。

室内風呂はかなり広々としており、障害物が少ない感じです。小さなお子さんを連れていても大抵目が届くから安心かもしれません。お風呂の種類は泡風呂、水風呂、炭酸風呂、日替わり風呂、マッサージ風呂など充実。サウナスペースは喜多の湯と美濃里の中間くらいの広さで、20人くらいは入れそうです。

露天風呂は釜風呂、有馬温泉の湯の2種類だけで寂しい感じです。テレビはありますが、7人くらいいるだけでいっぱいになります。「お風呂しかない」なので、雰囲気の演出も乏しい感じがします。値段相応な感じですかね..。

行ってみた感想

安さを求めるならオススメですが、やはり値段相応という印象は拭えない感じ。休憩スペースは岩盤浴セットにしないと利用できないし、施設は綺麗だが雰囲気の演出は少し寂しい。ただし「お風呂だけ入る」というだけの目的ならばコスパは圧倒的に良い。それ以上にリラックスできるとか、銭湯の雰囲気を楽しむなどの付加価値を求めるとなると、物足りない感はありますが。

総評(5段階評価)

料金:    ☆☆☆☆☆
アクセス:  ☆☆☆
お風呂:   ☆☆☆
休憩スペース:☆
人混み:   ☆☆☆☆☆
雰囲気:   ☆☆
長時間滞在: ☆
全体:    ☆☆☆

最後に

長々と書いてきましたが、長時間滞在するなら「喜多の湯」、雰囲気を楽しむなら「湯処 美濃里」、お風呂だけを楽しむなら「美彩都 湯友楽」かなあと思います。ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る