【スプラトゥーン2】ガチヤグラの武器はラピッドブラスターが強いのでオススメ

みなとです。久しぶりにゲームネタです。Nintendo Switch楽しいですよね…。特にスプラトゥーン2は発売されてからだいぶ経ちましたが、未だホットなゲームです。僕も今でもやりますが、中毒性が高く、全く飽きる気配がありません。ある意味恐ろしいゲームです。

僕はNintendo Wii Uを持っていたのですが、スプラトゥーンをプレイしたのはSwitchからでした。なのでそこまで上手くないです。ただ、最近ガチマッチを積極的にやるようにしており、ランクアップを目指して頑張っています。

ガチエリアとガチホコはAランク帯まで昇進することが出来たのですが、ガチヤグラがなかなかBから抜け出せなかったんですよ(ガチアサリは最近プレイ出来るようになったので、まだCです)。しかし、ラピッドブラスターという武器を使い始めてから格段に勝率がアップしたので、今回はそのことを記事にしたいと思います!

ラピッドブラスターの特徴

連射が早い

ラピッドブラスターは連射が早く、相手に2〜3発連続で当てることが容易です。爆発するので相手の足場を取りやすく、相手が動けないうちに逃さずキルできます。

射程が長い

シューターの中ではジェットスイーパー以外では距離で有利です。相手が攻めて来そうな場所に打ちまくることで、牽制の効果も大きいです。

攻撃力は弱い

攻撃力は弱くなっており、1発の直撃ではキルできません。確定でも2発、爆発では3発当てることでキルできます。したがって不意打ちに弱く、接近戦は厳しいイメージです。

塗りが弱い

塗りは一直線にしか塗られないので、ナワバリバトルでは使い勝手が悪いかもしれません。ガチマッチにオススメです。

ガチヤグラではこんな戦法が良い

一歩引いて全体的に敵の動きを観察

ラピッドブラスターは接近戦に弱いので、前線の一歩手前で全体の状況を確認しましょう。物陰から狙ってくる敵はいないか、押されている味方はいないか、などなどまずは冷静に確認します。

射程を活かした立ち回り

前線の少し後ろから攻撃していくのが基本です。仲間が戦っているところに割り込み、キルアシスト取っていくような立ち回りが最適だと思います。どのルールでもそうですが、試合開始直後は人数有利をまずは取りましょう。

また、相手の中には物陰から狙ってくるチャージャーなどがいます。ラピッドブラスターは射程が長く爆発するため、彼らへの威嚇としての使い方も効果的です。物陰の後ろでも十分キルはとれます。

そしてガチヤグラはプレイヤーが集まりやすい場所です。ラピッドブラスターの射程を連射を活かし、遠くからヤグラを狙うと効果的です。

裏取り防止のためのトラップ活用

相手が来やすい場所の目星を付けて潜伏し、キルを狙われる「裏取り」は厄介ですよね。そんな時は、裏取されそうな場所にサブウェポンのトラップを仕掛けることで、防止しましょう。

トドメはスペシャルでヤグラをねじ込む

スペシャルウェポンはスプラッシュボムピッチャーです。カウントがのこり10以下で投げまくると結構キルが取れます。威嚇にもなるので最後の一押しにオススメです。

ラピッドブラスターエリートも気になる武器

ラピッドブラスターエリートは、ラピッドブラスターの特徴をさらに強調した感じです。射程がさらに長くなり、その代わりに連射速度が遅くなります。僕は射程が長いので距離感がいまいち掴みにくいのと、連射速度が遅いのでキルしにくいためあまり使えていません…。

サブウェポンとスペシャルウェポンはポイズンミストとアメフラシなので、一定エリアからの敵の押し出しという意味では役割が共通しています。ヤグラの動きに沿ってアメフラシ、ポイズンミストと組み合わせれば、牽制しつつヤグラを敵陣地に押し込むことにも貢献しそうです。

使いこなせるようになりたいですね笑。

最後に

ガチヤグラにはラピッドブラスターが強いので、是非とも使ってみて下さい!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る