20代一人暮らしで車は必要ある?維持費が高いのでマイカーを手放してみた体験談

みなとです。最近のトピックとしては車を手放したこと

収入とともに消費も上がってくるのが一般的ですが、結婚前の20代は一番お金が貯まる時。ってことで今固定費をいかに削るかを考えて工夫しています。iPadを解約したり、電車通勤をやめて自転車通勤にして交通費分を浮かせたり、今まで色々と削ってきました。

そして、固定費の中で案外負担率が大きいものが車です。ただし、車って手放すか否かの選択肢にすら挙がらない気がするんですよね。生活必需品となっている場合はなおさらです。

今回は、一人暮らしの僕が車を手放してどうなったかを書いていきます。

車を持っていた時に感じたメリットとデメリット

僕は社会人になったと同時に車を買いました。説明するまでも無いかもしれませんが、20代車を持っていた時に感じたメリットとデメリットを記載していこうと思います。

メリット

やっぱり一番はフットワークが軽くなることですね。ちょっと買い物したい時、ちょっとお腹が空いた時など、天気にかかわらず気軽に出かけられるのが一番便利でした。

また、僕はドライブが好きなので、休日には山の方にドライブに行ったり、街の方へ出て行ったりなど、車と非常に多くの時間を過ごしてきました。

友達と会うときも良かったですね。待ち合わせが容易ですし、直接友達の家に行ったりもできます。

デメリット

当然のことながら維持費がかかることです。参考までに、毎月の維持費を書いてみます。

・自動車保険:5,800円
・ガソリン代:5,000円
・駐車場代:4,300円

合計で15,100円くらいでしたね。地方なので駐車場代は格安ですし、燃費も良かったので月1回ガソリンを満タンにするくらいのペースだったので、これでも安い方だと思うのですが、それでも毎月の負担はそれなりに大きいです。

また、忘れちゃいけないのが車検や税金。車検は2年に1度、だいたい8万円くらいかかりましたし、税金は毎年29,500円。そう考えると、

(5,800円 × 24ヶ月 + 5,000円 × 24ヶ月 + 4,300円 × 24ヶ月 + 29,500円 × 2年分 + 8万円)÷ 24ヶ月 = 20,891円

となり、2年で平均してならすと毎月2万円の負担を積み上げていることになります。2年で約50万円ですから、今後の長い人生で相当な額のお金を払うことになります。人生の三大大きな買い物は「家」「保険」「車」と言われるだけありますよね。

ここからはその人の価値観になりますが、そのお金を20代で負担してでも便利さや自由さを買うのか、バカらしくて手放すのか、という判断になります。僕は後者を選びましたが、「手放す」という選択肢すら頭に無かった方は、一度考えてみるのも良いかなと思います。

車を売ることにした経緯

先述した通り、車の維持費がかかるのと、結婚前の20代は一番お金が貯まる時期ですから、貯蓄も考えて手放した、という感じです。

ただし、そう考えるのも「車=贅沢品」という方に限られると思います。ド田舎では「車=必需品」ですから、そういう場合は必要だとは思うのですが、少し動けばそれなりに何でもある地域では、車はただの贅沢品だと思いました

車を手放してみた結果

で、今現在は車無しの生活を送っているのですが、結論から言えば無いなら無いで何とかなります。当然ながら、メリットは維持費の負担がゼロになったこと、デメリットは自由がきかなくなったことです。

上記とは別に、一つ良かったこととして、維持費以外の出費も減ったことですね。一人暮らしで車があればコンビニとかすぐ行っちゃうんですけど、無いと億劫になり、結局行かないので、そういう浪費なども減りました。

車を手放したことを周りに言うと、「え〜何で売っちゃったの〜??」みたいな、まるでアホ扱いされます笑。そりゃ無いのは不便ですけど、無いなら嫌でもどうするか思考しなくちゃいけないので、何だかんだでどうにでもなります。なので特に支障はきたしていませんね。

最後に:20代一人暮らしで車は必要か?

もちろん価値観や住む地域によると思いますが、僕の境遇では必要ないなと思いました。

また、車を手放す場合はせめて自転車は必要ですね。車も無い、自転車も無い、駅も近くに無いとかになると流石に不便なので、自転車は持つことはオススメします。ママチャリでも良いですが、僕はクロスバイクを持ってますので、自転車さえあればどこへでも行けます。

以上、僕の体験談をつらつらと書いてきました。お金のことを見直してみることのキッカケにもなるかと思いますので、一度考えてみても良いかなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る