ホームセンターでブルーサファイアハムスターを買い、飼育を始めた!費用、必要なモノを紹介

みなとです。いきなりですがブルーサファイアハムスターを飼育し始めました

実はペット経験がほぼ皆無の状態なので不安でしたが、ハムスターは比較的費用も安く、難易度はそれほど高くないとのこと。もちろんだからと言って気軽に買って良いわけではなく、それなりの覚悟と心構えが必要ですが、以前からペットを飼ってみたいということもあり、この度飼育し始めた、という経緯です。

僕の場合はホームセンターでブルーサファイアハムスターを買ってきましたので、それと合わせて必要だったモノや、かかった実際の費用なんかを紹介し、体験談を中心に書ければ良いなと思っています。

ちなみに、初めてハムスターを飼う場合の注意点や知っておくべきこと、心構えをまとめた記事はこちらですので、宜しければご覧ください!

みなとです。 いきなりですが、我が家でブルーサファイアハムスターを飼い始めました。今まで生きてきてペット飼育経験はほぼゼロですが、ハム...

訪れたのはホームセンターコーナンのペットショップ

これまで全く「ペットを飼おう」ということを思ったことが無かったため、ペットショップなど真剣に行ったこともありませんでした。なので、まずハムスターがホームセンターで買えるっていう事実が衝撃でした。

僕が訪れたのはホームセンターコーナン。近畿地方を中心に、結構全国にあるメジャーなホームセンターです。コーナンではペットショップがあり、犬や猫などの哺乳類から、インコなどの鳥類、亀や金魚などの水生動物など多種多様。夏はカブトムシとか売ってますね。

その中にハムスターもいる、っていう感じです。ハムスターも色々な種類があり、ブルーサファイアハムスター、ゴールデンハムスター、ジャンガリアンハムスター、ロボロフスキーハムスターなど色々。見た目や性格が違いますので、飼い方や好みで選びましょう。店員さんに相談すれば、色々と教えてくれます。これがホームセンターやペットショップで買う最大のメリットだと思います。

買ったハムスター、揃えたモノ

ここからは、僕がハムスターを飼う上で購入し揃えたモノを紹介していきます。これからハムスターを飼い始めようと思っている方はぜひご参考にして下さい。

ブルーサファイアハムスター

僕が飼おうと思ったハムスターは「ブルーサファイアハムスター」です。

冒頭でも書いた通り、ハムスターと言っても色々種類があり、好みや飼い方で選ぶべきハムスターが変わってきます。ハムスターの種類によっては非常に敏感で、観賞用でしか飼えない種類もありますので、注意が必要です。

僕はある程度スキンシップが取りたかったのと、小さなサイズのものが良かったので、ブルーサファイアハムスターに決定しました。

ちなみに、ホームセンターコーナンでは小さな箱にハムスターを入れてもらい、渡されます。箱をかじられて逃げ出したみたいな事例もあるとスタッフの方が言っていたので、油断は禁物です。

結構綺麗な毛並みをしていると思ったことも決めての一つです!

初心者でも安心!スターターセット販売

ハムスターを飼う上で必要最低限のアイテムがセットで販売されているものを利用すると安心です。

これだけ付いてきて5,980円。ちなみに、

ルックルックドワーフ・・・ゲージ
チップ・・・広葉樹マット(ゲージの下に敷く木屑)
ペレットフード・・・エサ
お家・・・ハムスターの家

という感じです。セット内容は以下の写真です。

以下から一つずつ紹介していきます。

「ルックルックフォーチュン」という商品名のゲージです。滑車、エサ入れ、給水機は予め付いていますので安心です。

組み立て式なので早速取り掛かりました。

開けてみるとこんな感じでパーツが分けて入っていました。

説明書が入っていますので、これに沿って組み立てをします。10分くらいでできました。

完成するとこんな感じになります。

エサ入れはこんな感じです。

こちらは2階部分で、横のパイプを通って上がれます。取り外すこともできるので、ゲージを掃除するときはハムスターを入れておく小部屋としても活用できます。

滑車です。静音設計なので全然うるさくありません。ハムスターは夜行性なので、夜にガサゴソ動きますから、静音設計がオススメです。

横のパイプで2階と連結しています。一回覚えると頻繁に2階に来るようになりました。

続いてのアイテムはこちら。ゲージの下に敷く木屑ですね。ハムスターは地面を掘ってエサを隠したりする習性がありますので、これは必須です。人間にもやさしいホコリが出にくいものがオススメです。

これはお家です。ハムスターは非常にナワバリ意識が強い動物なので、こういうプライベートな空間があると良いとのことです。昼間の明るい時間は結構この中で寝ています。

続いてエサです。ハムスターのエサと言えばひまわりのタネですが、それだけでは栄養バランスが取れないらしいので、栄養食品も買っておいた方が良いとのこと。

セット内容の紹介は以上です!

トイレと砂

トイレ用の容器とそこに敷く砂は別売りです。これはトイレ用という役割もありますが、砂遊びによる運動という役割もあるとのこと。衛生面や健康面を考えるとあっても良いかな、という感じらしいのでマストではありません。が、少しでもハムスターのストレスを軽減できると思えばあって損はないと思いますね。

こちらがトイレ用の容器です。

こちらがその下に敷く砂。トイレをすると固まりますので掃除が楽ですし、万が一口にしても大丈夫な天然素材のもので安心です。

見た目はこんな具合です。

かかった費用は?

ブルーサファイアハムスター・・・880円
スターターセット(ゲージ、エサ、家、木屑マット)・・・5,980円
バスハウス(トイレ用容器)・・・478円
セーフクリーン(トイレ用砂)・・・271円

合計・・・7,609円(※税別)

これが初期費用でした。あとはランニングコストとしてエサ代や木屑マット代がありますが、消費ペースから計算して大体1,000円ほどになる予想ですので、ペットにしてはお金はかからない方ですかね。

最後に

初めての事は、何でも分からない事だらけですが、本記事が一つでも疑問を解消できたら嬉しく思います!

「出せー!」って言っているんでしょうか…。可愛がっていきます。笑

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る