bitFlyerで仮想通貨「ビットコイン」をコンビニ支払いで買う方法

みなとです。

最近フィーバーしている仮想通貨ですが、2017年末から一気に値上がりし、2018年中旬から暴落しています。画期的なブロックチェーンという技術を取り入れた管理者が不在の通貨として、「将来的にさらに普及するのではないか」「経済界の革命ではないか」と言われているようです。

その一方で、「なんか胡散臭い」という声も。もちろん人それぞれですが、メディアで数多く取り上げられ、Line、DMM.com、ヤマダ電機などの大手企業が参入している中、間違いなく需要が高まるような気がしましたので、僕も仮想通貨を購入しました。

取引所は「bitFlyer」、仮想通貨は「ビットコイン」、支払い方法は「コンビニ支払い」で買ったので、今回は初心者向けにその方法を書いていきたいと思います。

取引所は「bitFlyer」にした

コインチェックは流出騒動があったので却下し、ひとまず国内最大手の「bitFlyer」を選びました。特に理由はありませんが、業界初のテレビCM、資本金は業界内で国内最大なので、ひとまず安心かなと思いました。

ブロックチェーンの研究開発を行なっており、新規サービスの創作も力を入れているだとか。

仮想通貨は「ビットコイン」にした

仮想通貨は世界で1,000以上あると言われていますが、僕はビットコインを買うことにしました。仮想通貨はその信用度や人気度に価格が左右されます。日本で一番認知度があるビットコインは、これから仮想通貨を始める方にとって選択肢に必ず入るはず。

「みんなが買う=値上がりする」と予想し、ビットコインを選択しました。短絡的な考え方ですが、正直どの銘柄が上がるなんて分かりませんから、これも半分適当ですね。

入金方法「コンビニ支払い」の方法

「コンビニ支払い」と書きましたが、コンビニでビットコインが買える訳ではありません。あくまでビットコインの購入は取引所(ここで言うbitFlyer)を介す必要があります。もちろん将来的にはコンビニで買えたり、仮想通貨用の銀行のような実店舗が作られたりするかもしれませんが。

したがって、「コンビニでbitFlyerに入金」→「bitFlyerでビットコイン購入」というステップになります。以下からは、そのステップについて詳しく解説していきます。

キャプチャー画面はパソコンのものですが、スマホでも同じステップで可能です。

①管理画面トップで「入出金」を選択

ログインした状態で、左メニューから「入出金」を選択。

②「クイック入金」→「ご入金額記入」→「コンビニから入金する」を選択

「クイック入金」とは、いち早く入金を反映させる方法です。「インターネットバンキングで入金」「銀行ATMから入金」「コンビニから入金」の3つの方法があります。手数料は高めで324円必要になります。1万円入金する場合は1万と324円必要になります。

一方、「日本円ご入金」はbitFlyerの口座に直接に振り込む方法です。振込手数料は自分が負担します。同じ口座同士ならタダだと思いますが、そうでない場合はお金がかかりますね。また銀行の営業時間外の場合は、入金が反映されるのが翌日とかもあります。

手数料を取るか、スピードを取るかでしょうね。ここでは「コンビニから入金」する方法を解説していきます。

③QRコード or 「お客様番号」と「確認番号」を表示

上図のコンビニエンスストアのロゴが並んだ部分をクリックすると、別のウィンドウが開き、どこのコンビニで支払うか選択する画面に移ります。例えばローソンを選択した場合、 Loppi用のQRコード、または「お客様番号」と「確認番号」が発行されます。

パソコンをお使いの場合は「お客様番号」と「確認番号」をメモする、スマホをお使いの場合はQRコードが便利だと思います。

④コンビニで支払い端末を利用し、レジにて支払い

実際にコンビニへ行き、支払い端末を利用します。Loppiの場合は控えた番号を入力するか、QRコードをかざすことでレシートのようなものが発行されます。それをレジに持っていき、支払いをします。

⑤数分で入金を確認できる

クイック入金は数分で入金が確認できますので、家に着いた頃には反映されているでしょう。もし入金が確認されなければ、bitFlyerに問い合わせてみて下さい。

ビットコインの購入はパソコン、またはスマホで可能

さて、これでようやくビットコインを買うことができるようになります。ビットコインを買ったり、売ったりするのはスマホやパソコン上で簡単に可能で、24時間取引が出来るので手軽です。

最後に

仮想通貨なんて正直どうなるか分からないので、こまめにお金を移動させるのは極力控え、数ヶ月〜数年単位で回収していくものだと割り切っているのがいいと思います。いっそ忘れても良いかもしれませんね。思い出した頃に、ちょっと儲けられればそれで良いかな、という気軽なノリでいこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る