【ブログ開設3ヶ月】エイジングフィルターは本当?PV数、アクセス数の振り返り

みなとです!

早いもので当ブログを開設して3ヶ月が経過しました。いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

ブログ開設2ヶ月の報告は以下にまとめていますので、宜しければご参照ください。

みなとです! 当ブログを開設して約2ヶ月が経過しました。ブログはちょくちょく手を出してはやめたりしていたので、ここまで続くのがまず新記...

さて、よくブログ運営論として「まずは3ヶ月継続」して、「100記事」投稿を目指そう、なーんて言われますよね。「エイジングフィルター」と呼ばれる、Googleが新規のドメインを評価しない時期があるという都市伝説もあるようです。もちろんGoogleのみぞ知るブラックボックスな部分で、みな経験則から言っているだけだとは思いますが…。

とは言え目標があることに意味があると思い、僕もひとまずこれを目指して頑張って来ました。

その結果、前者はなんとか達成できたのですが、後者は達成ならず。1日1記事って結構難しい…。

それはさておき、ひとまず3ヶ月継続して出来たということは自分で自分を褒めたいと思います!パチパチパチ。

今回の記事では、その結果アクセス数などはどうなったか、エイジングフィルターは本当か?、そして僕が何をしたか、などを書いていきたいと思います。

まずはPV数などの結果から(9/28〜10/27の1ヶ月)

全体結果

PV数    :937
書いた記事数:15

2ヶ月目のPV数が400でしたから、2倍以上の増加になっています。2ヶ月目も1ヶ月目の2倍でしたので、比例ではなく指数関数的にPV数が増加しています。このまま順調に行けば、4ヶ月目は2,000PVを達成する勢いかなー?と思います。

読者の皆さまに、まずは感謝申し上げます。

多い日で1日60PVを超える時もありました。何かの調査によると、1日のPVが50以上のブログは全体の3割しかいないらしいので、そこにようやく食い込むことができました。でもコンスタントに1日50PVある訳ではないので、安定してPVを獲得していきたいですね。

流入元別で分析

さて、よくアクセス数自体に目が行きがちですが、僕はアクセスを流入元別で分けて見ていることが多いです。

簡単にご説明すると、流入元別の分析とは「Webサイトにどこからユーザーが来たか?」を分析すること。これ、結構重要です。

例えば自然検索からの流入が増えているのであれば、ドメインのパワーが上がって来たかもしれないです。SNSからの流入が増えているのであれば、Twitterのフォロワー数が増えているからかもしれない。他サイトからのリンクが増えているのであれば、ブログランキングサイトで上位に表示されたのかもしれない、など、色々と仮説を立てることができ、今後のブログ運営に活かすことができます。

こんな風に「アクセス数」という1つの軸で見るのではなく、そこに「流入元別」という第2の軸を追加するというのがデータ分析のテクニックの1つでもあります!

ちなみにアナリティクスでは、「ホーム」の「ユーザーを獲得している方法は?」で確認できます。

当ブログの場合、増えていたのは自然検索で、約90%がそれでした。これはドメインのパワーが上がっているか、雑多な記事が色んなキーワードでヒットしたか、などが考えられると思います。

アクセスがあった記事

ちなみに、アクセス数を稼いでくれているのはこの記事。

みなとです! 僕の趣味の一つに銭湯があります。用事がなければ毎週末行くくらい好きで、岐阜や愛知周りの銭湯事情にも明るいです。銭湯はただ...

スーパー銭湯初心者の方に対して利用方法を記載した記事になります。「スーパー銭湯 初めて」というちゃんと狙ったキーワードで上位表示しているので、母数は少ないものの地味にアクセスをキャッチしています。

特にバズは狙っていないので、こういう地味に需要がある記事をたくさん書いていこうと思います。まさに「塵も積もれば山となる」ですね。

エイジングフィルターは本当か?

さて、これが皆さんの気になるところだと思います。

結論から言えば、「今のところはエイジングフィルターの存在を感じない」です。ブログ解説から3ヶ月が経過しましたが、そのタイミングで順位が上がったとかはありません。アクセス数は日に日に増加していますが、その傾きがグッと上がった、ということもありませんでした…。

エイジングフィルターが解除される時期は3〜6ヶ月とかって言われているので、そのタイミングが来ていないだけ、とも言えるかもしれませんが。

ただし、そもそもこのエイジングフィルターと呼ばれているアルゴリズムがあるのかどうかすら定かではないですし、一番はやはりコツコツ継続すること。これに限る、というのが今のところの結論です。

もし3ヶ月たっても一向にアクセス数が横ばいのようなら、「タイトルは検索キーワードを意識できているか?」「記事の内容は本当に役に立つ内容になっているか?」などを見直したり、やり方を変えるべきだとは思います。

ブログ開設3ヶ月でやったこと

とにかく記事を書いた

正直言うと、3ヶ月目でやったことはこれしかありません。

記事の更新頻度は2日に1回のペースを厳守。文字数は大体2,000〜3,000の文字を担保しました。

よく「更新頻度は毎日が良い」「1記事あたり◯文字以上」という議論がありますが、僕は明確な基準は無いと思っています。まあ多いに越したことはありませんが…。

ただそんなことを言っていては目標が決められませんので、無理の無いペースである程度の質を保てる「2日に1回のペースで2,000〜3,000文字」を基準に頑張っています。働きながらだと結構きついですからね、、、

あとは、ネタもそろそろキツくなってくる時期。これは52記事目となりますが、「今日はブログのテーマ何にしようかな〜?」って迷うシーンが多くなって来たように思います。

どこかで聞いた話なんですが、そういう場合は自分が「お金を払った体験」を思い返して見ると、結構ネタが見つかることがあります。お金を払ったということは、自分がそれを「価値がある」と見なしているからですよね。ということは、他の人にとっても「価値がある」と思われる可能性があります。それをネタにして記事を書くことで、「価値のある」記事が書けると思います。

今一度、自分が買ったものやお金を払った体験を思い起こすと、ヒントが見つかるかもしれません。

まとめ

ブログを3ヶ月続けてみて、エイジングフィルターなるものの存在は認められない点、コツコツ継続すればアクセスは増えてくるということが分かりました。よく「3ヶ月100記事」と言いますが、真偽はさておき、まずは目標があるということが大切だとは思いました。

これからの成長が楽しみです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る