【ブログ開設10ヶ月】 PV数、アクセス数の振り返りと、収益化における目標

みなとです。6月ですね〜。6月は雨が多いのと、祝日がないので嫌いです笑。

当ブログを開設して10ヶ月が経過しました。いつも見てくださっている方、ありがとうございます。

今回もいつものようにPV数、アクセス数の振り返りを書いていきたいと思いますが、後半では本ブログの収益化について少しお話させていただこうと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

因みに、厳密に言えばアクセス数といっても意味は様々で、アナリティクスで言う「セッション数」なのか、「ページビュー数」なのか、「ユーザー数」なのか、という広義な言葉ですが、ここではページビュー数を参考にしたいと思います。タイトルに敢えて「PV数、アクセス数」と書いているのは、単にSEO対策ですので、日本語的には変ですがご了承ください。

開設10ヶ月のPV数など(4/28〜5/27の1ヶ月)

全体結果

PV数    :10,485
書いた記事数:8

9ヶ月目とほぼ同じPV数に着地しました。ちょっと伸びが悪いですね。100記事達成したときに更新頻度を落としたのですが、そのツケがタイムラグを置いて回ってきたかな?と思います。

各記事の直帰率なんかを見ていると、どれも90%を超えています。自然検索で入ってきて、記事を読んで離脱する動きが多数を占めますから、ユーザーの回遊性は悪いです。まあこれが雑記ブログの特徴だとは思いますが…。

したがって、PV数を伸ばすには記事の量はマストで、伸ばすためには更新(ストック)が必要だとは思います。これからもコツコツ頑張っていきたいと思います。

よく読まれた記事

よく読まれた記事は、前回や前々回とそこまで変わりません。相変わらずiPadの記事やニトリの枕レビュー記事が人気のようです。こういう記事はアクセスを底から支えてくれますので、しばらくニーズが消えないであろう記事をためていきたいもんです。

当ブログの収益化について

収益化については初めて詳しく語るのかな?と思いますが、ちょっとお金の話をしたいと思います。

まずは目標1万五千円/月

なぜこの目標なのかということをお話すると、ちょっと長くなります。

僕個人的な事情なのですが、大学の時借りていた奨学金の返済を今行っています。その支払いが、月に約1万五千円なんです。あと20年くらいは支払う必要があるんですよね…。社会人ペーペーな僕には結構な負担です。

こんなこと言ってもしょうがないですが、家庭事情で恵まれている人ってホント羨ましいと思うんです。僕は家庭にお金のないことは分かっていましたから、国公立一本で受験しました。そのための勉強も、高校時代はメチャクチャやりました。朝学校に早く行って勉強、学校が終わって放課後に勉強、家に帰ってからも勉強の毎日でした。

その結果、国公立の中ではそんなレベル高い大学ではありませんが、現役で合格しました。大学入学後も何とか学費や生活費を抑えるため、成績で決まる授業料の半額免除や、寮に住んだりしました。しかし奨学金も借りながらですので、今になって支払いが何百万と必要になります。

それに比べて(口が悪いですが)対して勉強もせず、私立のよく分からない大学に行って、しかも親の金で…という人は、本当に羨ましいなと思います。

そう思うと、この毎月の1万五千円という負の資産の支払いがバカらしくなってきたんですよね。これくらいは何とか副収入で賄いたいと思っています。

目標達成のために、アクセス数はあと6〜7倍必要

収益がアクセス数に比例すると仮定すると、今現在の収益的にあとアクセス数は6〜7倍必要になります。となると、月間6〜7万PVくらいは必要になりますね。結構道のりは長そうに見えますが、無理じゃないと思います。

というのは、ブログのアクセス数は指数関数的に伸びる傾向があるんですよ。つまり、2倍、その2倍、その2倍という感じです。仮に今後そのペースで増えていくとすれば、3ヶ月で達成できますからね。もちろん記事の更新は大前提ですけどね…。

ブログが全てではない

専用のTwitterアカウントでブロガーさんたちをよくフォローさせていただいているのですが、中には「オレはブログ一本で生きていくんだ!」という方がいらっしゃいます。もちろん全然ありだと思いますし、僕も一時期そういう考えでした。しかし、どこか寂しい気がします。

だって、誰からも感謝されないじゃないですか?

まあ感謝されないっていうのは語弊がありますかね。要は社会的な貢献というか、自分の市場価値というか、そういうものが身に付かない。しかも、手を動かさなきゃ稼げないという労働集約的な働き方であることは変わらない。

だから、僕は「ブログだけで将来生きていくんだ!」という気持ちはさらさらありません。

最後に

こんな感じで力を入れつつ、程よく力を抜きつつ、という具合でやっていこうと思います。引き続きよろしくお願いいたします!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る