【雑記ブログ】人気が無く、アクセスを得るのに失敗した記事を振り返る

みなとです。本ブログを解説して実に半年、6ヶ月が経過しました。正直ここまで続くとは思っていなかったので、自分でも驚いています笑。

実は、今回の記事が99記事目となります。Googleアナリティクスなんかを見ると、アクセスを稼ぐ記事と、全く稼がない記事が極端に現れているんですよね。「なんでこの記事が人気なん?」という記事、「あんなに頑張って書いたのに、なんで?!」という記事。何が良いかはGoogleや読者が決める訳なので、当たり前ですけどね…。

さて、ブロガーさんの中には「アクセスを獲得した記事ランキング!」なんてやりがちですが、今回は「アクセスを全然獲得できなかった記事ランキング」を紹介し、その理由を考えたいと思います。

アクセスを獲得できなかった記事ベスト5

もちろん公開した時期が浅い記事が不利ですが、それを考え出すと面倒なので、ここ半年間の記事別PV数でランキングを付けています。

ワースト5位:仕事に対する若者の考え方

みなとです。 7月30日、Yahoo!ニュースで"働き方"に関する記事が話題となりました。 【引用】Yahoo!ニュース...

「ドラクエがしたので、有給を使って休みます」という事例が発端で、今の若者の仕事に対する考えみたいなものを書いている記事です。割と頑張って記事を書いたのですが、文字がズラズラと並んでおり読む気が失せてしまいますね。

ワースト4位:個々の市場価値について

「あなたのその仕事、あと40年続けて何になるの?何が残るの?」そんな風に聞かれたら何と答えるでしょうか? 「美容師」や「工場員」なら"...

「これからの時代、自分の市場価値を高めていく必要がある」ということを主張した記事ですね。今読むと、27歳の若造が何を言っているんだ、みたいな印象を受けます笑。

ワースト3位:書評「ブログ飯」

みなとです。最近新しい本を買っては読みふけっています。 ジャンルは様々ですが、「お金」「インターネットマーケティング」「自己啓発」など...

「ブログ飯」というブログ運営に対する心構えみたいなことが書いてある本です。結構前に読んだ本ですが、この時また読み直し、感想を書いた記事です。

ワースト2位:書評「ライフシフト」

みなとです。 久しぶりに心から「読んで良かった!」と思えるビジネス本を見つけました。それが「LIFE SHIFT(ライフシフト)〜10...

「ライフシフト 」という、100年生きる人生をどう生き抜くかというテーマのビジネス本の感想を書いた本です。本自体はとても良いのですが、僕の伝え方が良くなかったのかもしれませんね…。

ワースト1位:権利収入と労働収入

こんにちは、みなとです。 最近、成人式ぶりに中学校の同級生から連絡が来て会うことになりました。彼は同じテニス部だったこともあり、当時は...

ワースト1位はこのテーマ。僕がネットワークビジネスの勧誘を受けたのがこの頃だったので、権利収入と労働収入について違いをまとめた記事です。結構頑張って書いたのにな…泣。

アクセスを得にくい記事の傾向や共通点は?

アクセスを取れなかった記事ワースト5を発表しましたが、皆さん何となく感じている通り、アクセスを得にくい記事の傾向や共通点が何かありそうです。僕が気付いたことをまとめていきます。

①個人的な考え方についての記事

これは間違いないですね。評論家や専門家など、ある程度権威がある方の意見なら面白いですが、得体の知れない人の個人的な意見や考え方など、誰も興味がないことは明らかです。

たまには良いと思いますが、今後はなるべくこういった記事を書かないことを意識してみたいと思います。

②検索ニーズが少ない記事

例えば「ブログ飯」という本は、だいぶ昔に販売された本で、今買おうとしている方はあまりいないと思われます。こういう業界なので情報もすぐ古くなってしまいます。過去に流行ったものや販売されたものを紹介する際には、「なぜ今取り上げるのか」という点を明確にして記事を書くと良いかなと感じました。

③検索キーワードが意識されていない記事

「ドラクエ 仕事」とか、「仕事 あと40年続ける」とか、そんな風に検索してくれる人はほとんど居ないでしょう。キーワード調査ツールで狙う検索キーワードを決定し、ある程度検索ボリュームがあるキーワードを選定する必要がありそうです。

④文字だらけの記事

文字だらけだと、やっぱり読むのがストレスですね。僕だったら1秒で直帰してしまうと思います。一見アクセス数とは関係無く思えますが、ユーザーの直帰率や滞在時間などもGoogleは評価すると言われているので(本当かどうか分かりませんが)、SEOに間接的に影響するポイントかと思います。

ブログはGoogleではなく人が読むものなので、読みやすい見た目は意識すべき点です。

まとめ

いかがでしたか?アクセスを得られない記事の傾向について5つまとめましたが、①〜⑤でさらに大きく共通するのは、「人間味や熱意が無い記事」なのだと思います。機械的と言うか、他のサイトにも載っていても違和感が無い記事を書いているようではダメですね。

もちろんブログの目的はアクセスを得ることだけではないと思いますが、読まれなければ意味がありません。これからもアクセスを得るための工夫は常に考えながらやっていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る