アドセンスからメールが!30日以内に広告を貼らないと「アカウントリセット」だと警告された件

みなとです!

早速ですが、つい最近アドセンスからこんなメールが来ました。

要するに、「あと1ヶ月以内にサイトにアドセンス広告を貼らないと、お前のアカウント停止するぞ」という忠告のメールです。

アドセンス広告を半年貼らないと、リセットされるらしい

アドセンスのヘルプページによると、5ヶ月間で一度も広告表示がなかった場合、このようなメールが届くようです。それからさらに30日間、そのような状態が続くと、アカウントがリセットされるようですね…。初めて知りました。危ねェ…。

実はアドセンス審査を通過していました

このブログとはまた別のサイトを1年以上前に作り、運営していたのですが、そのサイトでアドセンス審査を既に通過していました。アドセンス広告を貼る前にそのサイトは閉鎖してしまったので、実際に広告を利用したことはありませんでした。

最近知ったのですが、一つのGoogleアカウントで一つのアドセンスアカウントなので、一つでも自分のサイトでアドセンス審査を通過すれば、他のサイトでも広告を貼れます。なので本ブログでもいつでも広告を貼れたんですけど、そもそもアクセスが無い状態で貼っても意味がないですし、まずはこのサイトをしっかりブランディングしていこうと思ったので、敢えて貼りませんでした。だからこんなメールが来た、という経緯です。

「広告表示がない」というメールを受け取った時の対処法2つ

①広告を貼る

まあ当たり前なんですけど。アドセンスの審査が通っているのであれば、広告を掲載するのは一瞬で出来ます。やり方を知っていればたぶん15分くらい。僕の場合はそもそも貼り方を知りませんでしたから、調べながらやりました。それでも30分くらいで広告を表示できましたね。

今のところ、広告を掲載してから「広告表示を確認しました」的なメールが来ません。一応アドセンスの管理画面に「表示回数」がカウントされているので、おそらく大丈夫だと思います。

ちなみに、アドセンス広告の設置方法については後々で記事にしていきたいと思います!

②サイトとアドセンスをリンクさせる

僕はやらなかったんですけど、これが2つ目の方法です。アドセンスで生成されるコードをWebサイトの HTML(<head> と </head> タグの間)に貼り付ける方法です。

ちなみに、もしアカウントがリセットされてしまった場合もこの方法で復旧することが出来ます。ポリシー違反とかではなく、ただ広告を表示していなかっただけなので、復旧するのは容易みたいですね。

そんな感じで、ひとまず広告の表示を始めたけど…

②の方法は何だか面倒くさそうだったので、すぐ対処できる①の方法で広告表示を開始しました。復旧はすぐできるとはいえ、リセットはごめんですからね…。

ただ、まだ本ブログは広告を貼るフェーズではないかなーと思う次第です。さっきも書きましたが、今はまだアクセスが圧倒的に少ないです。そんな状態で広告を貼ってもクリックはゼロでしょう。ユーザビリティ(サイトの使い勝手)も落ちてしまいますしね〜。

今は、まずは認知してもらう段階だと思っています。なので広告は目立たないサイドメニューの最下部に設置しました。

アドセンスからのメールは必ずチェックしよう!

こんな風に、結構重要なメールがしれっと来るアドセンス。その他にも、こんなメールが届くようですよ。合わせて押さえておきましょう。

①審査の結果

これはアドセンスをご利用の方ならご存知のはずです。アドセンスを利用するには審査があり、その合否は登録したメールアドレスに届きます。審査には数ヶ月かかることもありますので、審査にかけた方は気長に結果を待ちましょう。

②収益向上のためのアドバイス

これは有り難いですね。例えば、このサイズを貼ると良いですよとか、このページに広告を貼ると良いですよとか、結構具体的にアドバイスをくれるらしいですね。

③ポリシー違反の警告

これは最も見逃してはいけないメールですね。禁止コンテンツなどGoogleのポリシーに違反した場合、その警告メールが来ます。そのタイミングで直ちにアカウントが無効になることはありませんが、もしも内容が著しいものだった場合、一発でアカウントが無効になる場合があります。

決められた期間内(30日以内)にサイト内を修正し、再審査のリクエストを送信すれば広告配信が再び可能になります。指摘があったページだけでなく、他のページも同様の違反の可能性がないかはチェックすると良いでしょう。

最後に

今回はかなり雑多な内容になってしまいましたが、アドセンス広告を運用していく上で重要なノウハウです。特にポリシー違反ですね…。意図的にやっているのは論外ですが、意図的でなくても気付いたら違反している、みたいな事態も良くあるようです。Googleアドセンスの規約は今一度目を通しておこう、と思った次第です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る